『あまちゃん』『マンハッタンラブストーリー』『11人もいる!』……あの名セリフが生まれた背景から、撮影現場や日常生活に散りばめられた驚きの発言まで、人気脚本家が言葉について綴ったエッセイ集。たった一言のセリフを思いつくのに5年かかっていることも!? 言葉のセンスが炸裂する人気連載が、ついに文庫化! 解説・岡田惠和

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

え、なんでまた?

Posted by ブクログ 2017年03月28日

テレビとか日常とか、カテゴリ別のコラム?エッセイ?を集めた一冊。
有名なTwitter破りの話もあるよ。
やはりクドカンの言葉はおもしろい。心にクドカンが足りなくなってくると摂取したくなるよね。そういうとき、こういった詰め合わせ本はありがたい。
笑いあり毒あり共感あり。
2011年に書かれたものも多...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

Posted by ブクログ 2016年02月19日

週刊文春に掲載されていたエッセイをまとめたモノ。映画の台詞、「あまちゃん」の台詞、子供の言ったことなど取り上げながら、その時の時事ネタだったり、劇団や子供の話だったり。ちょうど、あまちゃんの執筆が始まるときくらいのことが多く書かれていて、彼の震災に対する考え方などがわかっておもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

Posted by ブクログ 2017年10月21日

相変わらずの軽快なエッセイ。クドカンの作品は面白くて好きなんだし、エッセイも読みやすいのだけども、それほど面白い!とは感じないんだよなぁ。面白くないわけではないんだけど。ひとつが短いので隙間時間に読み進めるられるのがよい。

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月10日

宮藤官九郎さんの本なんで、面白くないわけないんだが、
その可笑しみのささやかなことと言ったら。

「科捜研の女」と「かっこよろしので」で吹いた。
作中出てくる本や映画を見てみたい、となって
「ザ・ベストテン」を借りた。

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

Posted by ブクログ 2016年07月31日

終盤に収録されている娘のかんぱちゃんについて書かれているエッセイは面白かったけど、それ以外はあまりヒットせず、読み進めるのに時間が掛かってしまった。親バカって素晴らしい。時事ネタが多かったけど、いつ書かれたものなのかが最初に載ってると良かったかなー。

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月21日

週刊文春で連載されている、気になる一言をもとに書かれたエッセイをまとめたもの。
映画の中のセリフであったり、娘さんの突拍子もない一言だったり、知り合いの何気ない一言だったり。
物事は正面から受け止めたら腹が立つ。でも、斜めから見られてたら笑いになる。まあ、限度はありますけどね。ただ、ええええ???っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

Posted by ブクログ 2015年10月26日

やっぱりかんぱの話が好き。
クドカンの世界好きだけどね。
久しぶりに木更津キャッツアイ見たくなりました。
大好きだったなー?

このレビューは参考になりましたか?

え、なんでまた?

Posted by ブクログ 2015年09月28日

あらら、新しいエッセイ出てた!と慌てて買ってきました。

私がたまに残念に思うのは、エッセイが時系列に並んでなくて、カテゴリごとにまとまっちゃってること。
これもそうでした。
こういうのは、誰のご意見が反映されているんだろうか。
私は時系列で読みたいなあと思うので、ちょっとガッカリしてしまいます。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?