希望の海 仙河海叙景

希望の海 仙河海叙景

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東日本大震災により失われた日常と、得るべき希望。東北に生まれ、東北に暮らす直木賞作家の、「あの日」を描かない、連作短編集。三年前の秋、早坂希は勤めていた会社を辞めて仙河海市に戻ってきた。病弱の母親の代わりに、スナック「リオ」の切り盛りをしている。過去に陸上選手として活躍していた希は、走ることで日々の鬱憤や悩みを解消していたが、ある日大きな震災が起きて、いつも見る街並みが180度変わってしまう――。(「リアスのランナー」「希望のランナー」)。高校生の翔平は、津波により両親と家を奪われ、妹の瑞希とともに仮設住宅で暮らしていた。震災の影響で環境が大きく変わり、次第に心が荒んでいく翔平だったが――。(「ラッツォクの灯」)。東北の港町に生きる人々の姿を通して紡がれる、3・11からの再生の物語、全9編。【目次】リアスのランナー/冷蔵家族/壊れる羅針盤/パブリックな憂鬱/永久(とわ)なる湊/リベンジ/卒業前夜/ラッツォクの灯/希望のランナー

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
312ページ
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

希望の海 仙河海叙景 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月11日

    「リアスの子」以来の熊谷作品です。
    仙台に暮らし続けるからこそ、描ける情景。

    あれから、もう五年の歳月が流れた。
    よほど意識しておかなければ、かの地の「今」は
    かの地以外の人には、なかなか伝わりにくいことになっているような気がする。
    そんなときだからこそ
    読まれ続けてほしい作品である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月10日

    ラッツォクの灯、まさかそういうことだとは思わなかった。2人の子を持つ親として、高校生の主人公、翔平の、足元が崩れ落ちそうな心細さを思うと涙が止まらない。
    震災は受けてみないとわからない。東日本大震災が起きた時は、日々、ニュースに心を痛めたけど、実際、自分の故郷が大地震に見舞われて、見慣れた風景が一変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月13日

    仙河海の人間模様。
    ラッツォクの灯には息を呑んだ。こんな家族のすべて亡くしたような例は実際にもある事を想像すると。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    1948年宮城県生まれ、気仙沼市の中学校で教員をされて、作家に、現在は仙台市に在住です。今回、気仙沼市をモデルにした仙河海(せんがうみ)市における様々な家族の生き方を描いた作品を出されました。2016.3発行「仙河海叙景」です。短編・連作9話、1~7話が震災・津波前、8~9話が震災・津波後の話です。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月23日

    連作短編集。
    東北の港町、仙河海(気仙沼がモデル)が舞台。スナックを経営する親子、両親の離婚に悩む女子中学生、認知症の夫を持つ老女、苛めにあう小学生、中学教師などの日々の暮らしを、震災前2編、震災後7編の全9編で綴る。
    登場人物があちらこちらにリンクすることで、街の様子が目に浮かぶ。
    個人的には「永...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月29日

    そこにあるのは「圧倒的な日常」。
    年度末だから移動があったり母親が退院したり、兄妹は両親から離婚を告げられたり、人生の契機と言えなくもないが長い人生から見れば「そんなこともあったね」で済むようなこの日と繋がった翌日があるはずだった。

    教員として赴任した経験のある著者が震災直後の気仙沼を訪れて「もは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月25日

    震災の話をかわいそうとか悲劇だけではない描き方で心にずんと来ました。
    これまで読んだ熊谷達也の小説の登場人物の2011年3月11日前後の日常が描かれた短編集で特に印象的だったのは「鮪立の海」の守一の最期だった。あれだけ精悍で男らしい守一の晩年の姿はちょっとイメージと違ったが、清子と幸せな一生を送って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月25日

    副題「仙河海叙景(せんがうみ・じょけい)」と付いているのに後で気が付いたけど,ここでフリガナを付けておいて,迷った時は表紙を見させようということだろう~希は実業団で駅伝の選手をしていたが,怪我で引退し,生まれて出て行って小3から高校まで過ごした仙河海の南部で戻ってきたが,35才の今も朝のジョギングは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月06日

    最初は ん?という感じだった。
    震災前と震災後。その落差に驚愕。日常が、これほどまでに劇的に変わってしまったのか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

希望の海 仙河海叙景 に関連する特集・キャンペーン