アメリカが20世紀の覇権国の座からおり内向きになったのを見計らい、かつての大国が新しい形の帝国主義を推し進める。難民問題、IS、リーダーの暴走……新たな衝突の種が世界中に。世界のいまを池上彰が解説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2016年05月10日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年09月17日

シリーズ8作目

毎年必ず購入してできるだけ早く読むようにしている。
相変わらず本当に世界情勢がよく分かって勉強になる。

過去の歴史は確実に私たちの今に繋がっていると痛感させられることがいっぱいある。
今、起きていることは必ず過去の何かと繋がっているんだということを考えさせられる。
池上さんは、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題7 Gゼロ時代の新しい帝国主義

Posted by ブクログ 2017年09月17日

シリーズ7冊目

・昨今の難民はスマホを持ていて、GPSを駆使して大移動をしている。
 充電を無料でさせてくれる場所があるなど、支援する側も昔とは全然違う。
・アメリカの大統領選挙の予備選挙の方法など興味深い。
 共和党と民主党では、予備選挙のやり方も違う。
・日本も難民問題について考えるときだろう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年09月13日

とても読みやすく、分かりやすかった。いまの世界を知る第一歩としてはよかったが、これからの展望や深い洞察はなく、この本は知るきっかけにしかならないかもしれない。それでも面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年08月26日

まさに副題のとおり「自国ファースト」のリーダーが目立ってきているというのは、そう望んでいる国、国民が増えてきているからかもしれない。相手との差異をみつけて反目しあうのではなく、ダイバーシティを受け入れて、寛容になっていく必要がある。シンギュラリティを考えると、人間同士で反目しあっている場合じゃない。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年08月25日

重要な時事キーワードをさくっと把握するための入門編としてちょうど良い。池上さんはリベラル目線が売りだけど、トランプ氏に対しては終始辛辣な評価。歴史は繰り返すが、愚かに過ちを繰り返さないために、知ることは大切。自国ファーストに動く世界の中で、原爆が落ちた国の国民としてどう意見を持つか。考えさせられる、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年08月15日

大事なことは何度も出てくる、という受験時代の参考書のように、第1弾から重複する説明もあるものの、ざっくり俯瞰して、物事を単純化しながら世界情勢を眺めるのに、これほどわかりやすいシリーズはない気がします。

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年08月04日

昨今の世界情勢が簡潔に説明されているので毎回楽しみにしてるシリーズ。
今作の大きな事象はトランプ大統領とブレグジットの2つでしょう。
どちらも自国ファーストの考え方からきています。
池上彰さんも最後に仰っていたように歴史から学ばないリーダーとそれを求める民衆が多数派になってしまうとどうなるかは歴史が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年08月03日

毎年恒例の新書。やはり、分かりやすい。
普段、分かった気になって読み飛ばしている新聞記事ち改めて目を向けるいい機会になりそう。

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

Posted by ブクログ 2017年07月28日

自国ファーストが飛び交う世界。イギリスでブレグジットが起きる。移民に職を奪われることから移民を敵視する。しかし実際には多くのイギリス人がやりたがらない肉体労働であったり。マスコミの報道が表面的な部分しか伝えないことが移民排除の原因だったり。アメリカのトランプ大統領が生まれた構図も似たものかもしれない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題7 Gゼロ時代の新しい帝国主義

Posted by ブクログ 2017年07月23日

とにかくわかりやすい。物事の構造を単純化、可視化しやすく説明されています。全シリーズ読もうと決めました。

このレビューは参考になりましたか?