アクティブメジャーズ

アクティブメジャーズ

作者名 :
通常価格 631円 (574円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

公安刑事・倉島の活躍を描くシリーズ第四弾!

「ゼロ」の研修を受けた倉島に先輩公安マンの動向を探るオペレーションが課される。同じころ、全国紙の大物が転落死した。二つの事案は思いがけず繋がりを見せ始める。シリーズ四弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年04月22日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

アクティブメジャーズ のユーザーレビュー

    購入済み

    面白い

    まる 2020年03月05日

    このシリーズはとても良い。
    ドラマになったら人気でるよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月07日

    警視庁公安部外事1課倉島警部補シリーズ第4弾。いよいよゼロの研修を終えてエース級公安マンの仲間入りをした倉島が任されたミッション。公安物なので地味だけととても面白い。主人公が公安部に配属されてからの成長して行く姿も読んでて楽しい。登場する人物も個性的でとてもいい。ただしちょっと寂しいのはヴィクトルが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月20日

    さすがに今野敏の小説にはずれはなく、面白かった。
    公安警察官、というのはなんとなーくドラマ等で知ってるレベルだったけれど、もう少しリアリティのあるものとして知ることができたかな、と。所詮小説なので、リアルなところは知る由もないが…。
    シリーズ第4弾だったが、単独で読んでも十分楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    公安外事1課の倉島シリーズ
    ゼロ研修から戻った倉島の初オペレーション。
    非常にワクワク楽しめる内容だった。
    実のところゼロ研修ってどんなもの?というのも読みたかったけど、さすがにそれは憶測でしか書けないかも?とも思う。
    で、一皮剥けた倉島に会えたという感じ。
    よく警察モノにありがちな刑事と公安の軋轢...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月04日

    公安マンシリーズ第四弾で、最新作。
    もうヴィクトルは名前しか出てこないけど
    とうとうゼロの研修を受けた後の初めての
    オペレーションの話。
    なかなかおもしろかった〜。
    次が出るのが待てません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月06日

    警察庁警備局警備企画課の情報分析室、通称「ゼロ」の研修から戻った倉島警部補は、同じ公安外事課の先輩・葉山の動向を探るよう命じられる。同じ日、大手新聞社の大物がマンションから転落死した。倉島は、無関係に見える死亡事故と葉山に接点があることに気付くが…。国家を守る公安警察官の活躍を描くシリーズ第4弾。 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月18日

    警察小説といえば、刑事部門が主流で、公安はたいがい敵役が通り相場。
    しかし、このシリーズは、公安外事課の警部補が、主人公となる稀有な例といえる。
    題名の「アクティブメジャーズ」とは何ぞやと思っていたら、文中の説明で納得。
    スパイ活動で、対象組織の中の協力者からの情報収集は基本。
    アクティブメジャーズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年05月18日

     今野敏さんの数ある警察小説のシリーズの中でも、倉島警部補シリーズは、公安の捜査員を主人公とした唯一のシリーズである。本作は、シリーズ第4作に当たる。

     『曙光の町』で初登場した倉島という人物は、当初は公安の仕事に意欲が持てなかったのが興味深い。このシリーズは、倉島が経験を積みながら次第に使命に燃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています