素晴らしい国・日本に告ぐ!

素晴らしい国・日本に告ぐ!

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本における国旗国歌問題に対して、必要不可欠なものであると公言するケント・ギルバート氏。
従軍慰安婦捏造報道から常に史実を踏まえた日本の立場を代弁してくれるテキサス親父
日本を愛する2人は会うなり意気投合し、日本の魅力や米国の危機的な現状を語り尽くしました。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
青林堂
掲載誌・レーベル
青林堂ビジュアル
ページ数
270ページ
電子版発売日
2016年04月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
40MB

関連タグ:

素晴らしい国・日本に告ぐ! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    ナニー・ステートやポリティカル・コレクトネスの問題点を序盤語っていたかと思うと、後半はお決まり韓国批判。しかし、その手の本の中では、視座が米国に置かれているのが面白い。テキサス親父ことトニーの口語体の訳され方がポップな雰囲気を出し、ケント・ギルバートが紳士的に纏める。この掛け合いは政治漫談の風情。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月16日

    日本人として非常に嬉しくなる本。嘘を並べて騒いでいる中国や韓国よりも、同じ日本人が積極的に日本を貶めていることにうんざりしているが、外国人が日本を擁護してくれることに感謝してもしきれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月03日

    外から見る日本の「良さ」と弱さだな。
    語ってるのがアメリカ人同士ということで、アメリカのやったことについて、日本人からするとあれっていうのはあるけど。

    日本をこんな風にしたのはあんたらだし。
    結局は力がある奴がルールを決めるという世界を作って、それにアップアップしてるのもあんたらだ。

    外交は戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月13日

    「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏と、おなじみのケント・ギルバート氏の対談集。

    ともに立場的には右よりなのだろうけど、いわゆるネトウヨ本とは違い、あくまでアメリカ人から見た日本というのが独特。
    また、アメリカの教育や日本に対する見方など、色々と興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月13日

    大の親日家のアメリカ人2人が日本の様々な問題を斬っていく。日本の良いところをただ誉めそやすだけでなく、問題点にも目を向け、指摘してくれているので読んだ後、すごくスッキリする。


    行き過ぎたポリティカルコレクトネスみたいなのって、日本で広がりつつあって気持ち悪いと思ってたけど、アメリカはもっとすごい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月09日

    アメリカで弁護士をする一方、日本でもいろんな活動をしたり、テレビにも出演していたケント・ギルバードさんと、日本のことを高く評価していて、戦後日本が失った日本人であるという自信や誇りを取り戻そうと活動しているテキサス親父ことトニー・マラーノさんの対談形式の一冊。

    70年前には敵国として戦ったアメリカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています