太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(下)
  • 最新刊

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(下)

作者名 :
通常価格 2,037円 (1,852円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

実は米軍内も割れていた!

陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。

【下巻目次

第九章 日本の石油輸送網を叩け
日本の戦争構想は、まずその油田を確保し、石油を勢力圏に運ぶそのシーレーンによって
たっていた。米潜水艦部隊は、まずこれを分断しようとする。

第十章 奇襲から甦ったパールハーバー
撃沈された戦艦もアリゾナ、オクラホマ、ユタ以外は引き上げられ復活。新型空母の相次
ぐ建造配備で真珠湾は開戦前より活気が漲り、戦場は中部太平洋へ。

第十一章 日米激突の白兵戦「タラワの戦い」
大艦隊による艦砲射撃などを掩護に上陸した海兵隊は、思わぬ日本軍の猛攻を受け、島は
死臭漂う「墓場」と化した。

第十二章 真珠湾の仇をトラックで討つ
圧倒的な米空母機動部隊による連合艦隊大根拠地トラック奇襲の前に、日本側は不意を討
たれ、大失態をさらした。

第十三章 艦隊決戦で逆転勝利を狙う日本海軍
新型空母の投入で絶対国防圏の死守、戦局挽回をもくろんだものの、開戦以来の熟練パイ
ロットの損失は取り戻せなかった。

第十四章 日米空母最後の決戦とサイパンの悲劇
サイパンをめぐる太平洋戦争最後の空母決戦は、日本軍の惨敗で終わり、とりわけ地上戦
では民間人にも大きな犠牲を強いることになってしまった。

終 章 最早希望アル戦争指導ハ遂行シ得ズ
日本軍の高官たちは密かに認めていた。サイパン陥落は日本にとって新たなる絶望の幕開
けだったと。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
480ページ
電子版発売日
2016年03月25日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(下) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年07月07日

    太平洋戦争をアメリカ側からの視点で辿るノンフィクション「太平洋の試練」シリーズの第2部の下巻。アメリカ軍の本格的な反抗が開始される1943年ごろから、サイパンが陥落するまでをたどります。
    戦争の実情を描くには戦場を経験した兵士たちの証言をたどるミクロな視点、指揮官や政治家がどう決断したのかを描くマク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月02日

    これまで色々な類似の戦記本を読んできたが、この本はベストと言えるくらい面白かった。開戦からミッドウェイまでを取り上げた前作同様、大局的な視点と兵士の証言等のミクロの視点を上手くミックスして書かれていたが、この続編でも同様のアプローチで、この戦争の転換点となった海戦を上手く描いている。
    読んでいくと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月15日

    徐々に太平洋戦の形成は米軍に傾いていく。日本の望みは日本海海戦を彷彿させる艦隊決戦の勝利と有利な条件での講話。一方の米軍は日本が軽視した補給網をじわじわと破壊し、空母起動部隊でも日本を圧倒していく。

    戦前のアメリカでは潜水艦による非武装の商戦に対する無差別攻撃は永らく非難の対象だった。しかし真珠湾...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

太平洋の試練 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで(上)
    攻撃か、防御か。戦力か、情報力か 米国の若き海軍史家が“日本が戦争に勝っていた百八十日間”を日米双方の視点から描く。米主要紙絶賛の、まったく新しい太平洋戦史。 【目次】 序章 海軍のバイブル 第1章 真珠湾は燃えているか 第2章 ドイツと日本の運命を決めた日 第3章 非合理のなかの合理 第4章 ニミッツ着任 第5章 チャーチルは誘惑する 第6章 不意を打たれるのはお前だ
  • 太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで(下)
    攻撃か、防御か。戦力か、情報力か 米国の若き海軍史家が“日本が戦争に勝っていた百八十日間”を日米双方の視点から描く。米主要紙絶賛の、まったく新しい太平洋戦史。 【目次】 第7章 ABDA司令部の崩壊 第8章 ドゥーリットル、奇跡の帝都攻撃 第9章 ハワイの秘密部隊 第10章 索敵の珊瑚海 第11章 米軍は知っている 第12章 決戦のミッドウェイ 終章 何が勝敗を分けたのか
  • 太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)
    実は米軍内も割れていた! 陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。 【上巻目次】 序 章 ソロモン諸島をとる 日本が開戦四カ月足らずで英米を撃破して掌中におさめたソロモン諸島。だが、一九四一年八月、米兵たちがガダルカナルにやってきた。 第一章 ガダルカナルへの反攻 キング提督は、ミッドウェイの直後から...
  • 太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(下)
    実は米軍内も割れていた! 陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。 【下巻目次 】 第九章 日本の石油輸送網を叩け 日本の戦争構想は、まずその油田を確保し、石油を勢力圏に運ぶそのシーレーンによって たっていた。米潜水艦部隊は、まずこれを分断しようとする。 第十章 奇襲から甦ったパールハーバー 撃沈された...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています