太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)

作者名 :
通常価格 2,037円 (1,852円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

実は米軍内も割れていた!

陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。

【上巻目次】
序 章 ソロモン諸島をとる
日本が開戦四カ月足らずで英米を撃破して掌中におさめたソロモン諸島。だが、一九四一年八月、米兵たちがガダルカナルにやってきた。

第一章 ガダルカナルへの反攻
キング提督は、ミッドウェイの直後から反転攻勢の足がかりとして日本が飛行場を建設しているガダルカナルを攻めることを主張。マッカーサーは反対する。

第二章 第一次ソロモン海戦
上陸したガダルカナルへ物資の輸送を始めた米側に打撃を与えるべく三川艦隊が出動。酸素魚雷という新兵器と夜戦に長けた日本側は勝利を収めるが……。

第三章 三度の空母決戦
山本五十六はガダルカナル上陸の航空掩護にあたるであろう米空母を撃破する「カ号作戦」を始動。珊瑚海、ミッドウェイに続く三度の空母戦。

第四章 南太平洋で戦える米空母はホーネットのみ
ガダルカナルを巡る地上戦・航空戦は日米共に消耗戦に陥った。徐々に劣勢になる日本軍の救いは潜水艦による米空母撃破だった。

第五章 六週間の膠着
ガ島をめぐって日米は膠着状態に陥っていた。天皇は痺れを切らし奪還を求める。一方米国側には、欧州戦線優先の圧力が。

第六章 新指揮官ハルゼーの巻き返しが始まった
彼の「もっとジャップを殺せ!」の雄叫びが米軍兵士を鼓舞。制空権を確保しレーダー射撃指揮装置の脅威が日本を追い詰めていく。

第七章 山本五十六の死
ミッドウェイとガ島でしくじった山本を殺すのははたして賢明か? 暗号を解読していたニミッツは自問する。

第八章 ラバウルを迂回する
次はラバウルか。十万近い兵力が動員され長期の包囲戦にそなえ食糧・弾薬が備蓄されるが、アメリカ軍は、あっさりとそこを迂回したのだ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
400ページ
電子版発売日
2016年03月25日
紙の本の発売
2016年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月23日

    ミッドウェイで負けたとは言え太平洋の戦力はまだ日本が優勢だった。アメリカ艦隊司令長官と海軍作戦部長を兼務するキング提督はヨーロッパ戦線を優先する方針を疑ってはいなかったが、ドイツに対する軍事作戦を遅らせたとしても、南太平洋戦域の安定を優先した。しかもただ専守防衛にとどまらず、ソロモン諸島への反攻をわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    近代戦では物量と兵站輸送能力がすべてなんだと分かる。
    誰もが分かっていた結末を認めようとしなかった日本の指導者達が寂しい。
    サイパンを絶対国防ラインと設定していたのに、そこを破られてから1年以上も戦いを強いたのはなぜなのか? やっぱり国民よりも天皇が大切な国だったんだねぇ。ま、帝国憲法はそう規定して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月02日

    太平洋戦争をアメリカ側の視点から詳細に描いた前著「太平洋の試練 真珠湾からミッドウェーまで」の続編です。続編の上巻で主に描かれるのは日本軍が消耗戦によって貴重な兵力、資源を浪費し、その後の戦況の方向性を決定づけられたガダルカナル島をめぐるいきさつです。
    日本からの視点で太平洋戦争を見つめると、アメリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

太平洋の試練 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで(上)
    攻撃か、防御か。戦力か、情報力か 米国の若き海軍史家が“日本が戦争に勝っていた百八十日間”を日米双方の視点から描く。米主要紙絶賛の、まったく新しい太平洋戦史。 【目次】 序章 海軍のバイブル 第1章 真珠湾は燃えているか 第2章 ドイツと日本の運命を決めた日 第3章 非合理のなかの合理 第4章 ニミッツ着任 第5章 チャーチルは誘惑する 第6章 不意を打たれるのはお前だ
  • 太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで(下)
    攻撃か、防御か。戦力か、情報力か 米国の若き海軍史家が“日本が戦争に勝っていた百八十日間”を日米双方の視点から描く。米主要紙絶賛の、まったく新しい太平洋戦史。 【目次】 第7章 ABDA司令部の崩壊 第8章 ドゥーリットル、奇跡の帝都攻撃 第9章 ハワイの秘密部隊 第10章 索敵の珊瑚海 第11章 米軍は知っている 第12章 決戦のミッドウェイ 終章 何が勝敗を分けたのか
  • 太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(上)
    実は米軍内も割れていた! 陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。 【上巻目次】 序 章 ソロモン諸島をとる 日本が開戦四カ月足らずで英米を撃破して掌中におさめたソロモン諸島。だが、一九四一年八月、米兵たちがガダルカナルにやってきた。 第一章 ガダルカナルへの反攻 キング提督は、ミッドウェイの直後から...
  • 太平洋の試練 ガダルカナルからサイパン陥落まで(下)
    実は米軍内も割れていた! 陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。 【下巻目次 】 第九章 日本の石油輸送網を叩け 日本の戦争構想は、まずその油田を確保し、石油を勢力圏に運ぶそのシーレーンによって たっていた。米潜水艦部隊は、まずこれを分断しようとする。 第十章 奇襲から甦ったパールハーバー 撃沈された...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています