新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―

新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
紙の本 [参考] 2,160円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「赤毛組合」の犯人一味が脱獄した! だが肝心のホームズは重度のコカイン 中毒で幻覚を見る状態。ワトソン博士は独り途方に暮れる……。犯人たちの仰天の大計画、その陰で囁かれた「新しい十五匹のネズミのフライ」とは。われらがホームズは復活するのか。名作『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』から三十年余、謎と仕掛けに満ちた大作。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2016年03月04日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB

「新しい十五匹のネズミのフライ―...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年05月20日

パスティーシュというのがなんなのか、
この本はどういう性質の本なのかわからないまま
とにかく島田氏の作品なので手に取ってみたのだが
読み進める内に懐かしい感覚が蘇ってきた。

かけがえのない友情のため、愛のために
傷つき打ちのめされながらも奮戦する
引き立て役の助手の姿、
弱きもの、虐げられる存在で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月11日

著者のホームズものは2冊目でしょうか。今回は赤毛同盟を題材にしていますが、前作の方がよかったかな。ミステリーとしては少し中途半端な印象、もうちょっと大仕掛けが欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月21日

あまり、シャーロックホームズに詳しくなかったけれど、面白っかった。
コナンドイルの作品も読んでみようかなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月19日

面白く読み終えました。途中までは既視感を感じ、そうか、異邦の騎士か、と思うものの、ヒーローの登場は予想を反する形で、それは同じことはしないよね、と思いました。
そうではあるけれど、御手洗さんと石岡君にホームズとワトソンの影があるように、このワトソンとホームズには石岡君と御手洗さんが現れては消えるよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月13日

なかなか面白かった。ホームズとワトソンが、どうしても御手洗と石岡に見えてしまう。アクションもかなりあり、盛りだくさんなボリュームだが一気に読んでしまった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!