千早あやかし派遣會社 二人と一豆大福の夏季休暇

千早あやかし派遣會社 二人と一豆大福の夏季休暇

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東京都武蔵野市、吉祥寺。昼間は人材派遣、夜からは妖怪派遣を生業とする会社で、あいかわらずアルバイトをしている超貧乏学生の由莉。変わり者の青年社長・千早紫季とも、会社に居着いてしまったあやかしの豆大福とも、なんだかんだ仲良くやっている。ある夏の日、またもやいわくつきの品の浄化依頼が舞い込んでくる。これが、思いがけず大騒動へと発展してしまい……!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
シリーズ
千早あやかし派遣會社シリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年09月23日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

千早あやかし派遣會社 二人と一豆大福の夏季休暇 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月14日

    人間以上に繊細で傷つきやすい妖怪たちによる明るく優しいコメディ。
    千早社長とバイトの由莉のやり取りはコミカルで楽しく、そしてお話の内容は温かいものばかりで、安心して読めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    紫季のクールぶってるくせに割とすぐ仮面剥がれるところがいいなぁ。紫季の正体も判明。ついでに思春期も到来

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月15日

    妖怪が普通に生活して働いてるのが面白い。ツンデレ社長の過去も興味深いけど、いろいろ動揺・狼狽するシーンが多くて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    今日も頑張って、節約してお金を貯めている主人公。

    1話目は非常に優しい話…ではありましたが
    そんな妖怪が?! という存在でした。
    この場合、何もつけずに寝た方がよろしいのでは? と
    突っ込みを入れたい寝姿の描写が。
    しかし人物を特定するためには、パジャマは必須??

    ある意味今回の転機(?)になり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月25日

    一章は由莉の友人であり夜中に変異してしまう寝惚堕の話。二章は秋の怪異謎解き。由莉の謎解きは三章に持ち越し。三章は隠神の話から千早の出生の秘密。ただものではない、と思っていたけどまさか隠神と人間の間の子供だったとは。そこから思いかけず由莉へ今までとは違う感情が芽生えた千早。これから楽しみ。豆大福のキャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年11月18日

    社長のいろいろが分かったところで面白さが一気に加速。
    指輪のくだりが最高でした。
    由莉と千早の今後が楽しみです。
    続編待ってます!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年07月26日

    社長の正体がわかる一冊でしたね。
    いやぁ、豆大福が相変わらずかわゆい。
    こうした癒しのあるものは好きだぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

千早あやかし派遣會社 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 千早あやかし派遣會社
    561円(税込)
    大学教授の父が研究にお金を費やしてしまうため、超弩級の貧乏暮らしをしている大学生の由莉。ある日、「時給二千円、飲食店でもないのにまかないつき」という好待遇のバイトの求人を見つけ、喜んで面接に向かう。辿り着いたのは和洋折衷の大豪邸。千早紫季という名の美しい青年社長に出迎えられる……が、この「千早人材派遣會社」、どうも様子がおかしくて――!?
  • 千早あやかし派遣會社 二人と一豆大福の夏季休暇
    東京都武蔵野市、吉祥寺。昼間は人材派遣、夜からは妖怪派遣を生業とする会社で、あいかわらずアルバイトをしている超貧乏学生の由莉。変わり者の青年社長・千早紫季とも、会社に居着いてしまったあやかしの豆大福とも、なんだかんだ仲良くやっている。ある夏の日、またもやいわくつきの品の浄化依頼が舞い込んでくる。これが、思いがけず大騒動へと発展してしまい……!?
  • 千早あやかし派遣會社 仏の顔も三度まで
    貧乏女子大生の由莉は、相変わらず妖怪派遣會社でのアルバイトに精を出していた。ある日、売れない小説家・櫻居佳宵の助手の仕事に白菊という美女が応募してきた。白菊は元座敷童だが、家を栄えさせる力はすでに失っているという。だが、採用直後から櫻居の小説の映像化と、大重版が決まり…!? 一方、吉祥寺の街では、妖怪たちの連続失踪事件が起きていて…!? 【目次】座敷女と売れない小説家/冬の怪異と気が置けない三人衆/雨師妾と心ない経営者

千早あやかし派遣會社 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング