「やさしさ」という技術――賢い利己主義者になるための7講

「やさしさ」という技術――賢い利己主義者になるための7講

作者名 :
通常価格 1,222円 (1,111円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

なぜ、見返りを求めない行為があなたの得になるのか?
なぜ、「高い収入」や「名声」を求める人ほど幸福度がダウンするのか?
なぜ、多くの動物が「思いやり」や「やさしさ」を持っているのか?
ノーベル賞の選考委員会を擁する世界トップ医大・カロリンスカ医科大学で「学生が選ぶ最優秀教授」にかがやいた名医が感動的に語る!
「死ぬ前に後悔しない人生」を確実に手に入れるための名講義、待望の日本語版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
飛鳥新社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年02月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

「やさしさ」という技術――賢い利己主義者になるための7講 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    情けは人の為ならず。しない善よりする偽善。感情はコントロールしづらいが、行動は決められる。困っている人が居たら、手を差し伸べたいとは思っているけど、思ってるだけでは意味が無いよね。特に友人が困っているときには、助けられる自分になりたいと思う。それが私の「成功」なのだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月04日

    愛することは与えることだという本を思い出しました。

    相手に寛大であること、やさしさを持って接することは
    何倍にもなって自分に跳ね返ってくるのだと改めて実感しました。

    でも、1番好きだなと思ったのは
    「相手も自分も同じように優しく大切に」
    という言葉でした。
    ※細かい表現は違う気がしますが。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月04日

    ●読むキッカケ
    ・かっきーさんに、いい男になるための条件として優しくなること、というキーワードをもらい、
    そのための手段を模索していたところ、本書をみつけたため。
    ・『愛するということ』もそうだけど、一見先天的資質に思われるものを、
    そうではなく習得可能なものであると説く本は、好きそうだなあと思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月29日

    【備忘録】


    常にこのように行動すべきというルールは無い。
    新しい何かに出会うたびに、共感力を発揮しなければならない。
    もっと優しくなりたいと願うのであれば共感力に磨きをかけるのが一つの方法だ。


    怒るのをやめるのは難しい。
    怒りは自分でコントロールできる感情ではない。
    ただし、怒りに任せて行動...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月17日

    誰だってやさしい人でありたいと思うが、なかなかそうなれない。それはなぜか。そもそも、本当のやさしさとはいったい何なのか。

    日本でも最近よく言われる「何もしない善よりやる偽善」。安易に「お気持ちはわかります」などと言ってはいけない。など、私にとっては、やっぱりそうよね的な、自分の考え方の検証のための...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年04月16日

    やさしさ、利他、周囲への貢献・支援行動は、やるべきことであり、結果として自分の得になるという打算をもっても実現する方がよい。なぜ、やさしさをためらうのかに気づき、やさしくあろうと決意し、一歩を踏み出すこと。
    やさしさというよりも「貢献の勇気」がぴったりくる感じ。利己、打算に基づく行為でもOKなのはよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています