馬を飛ばそう IoT提唱者が教える偉大なアイデアのつくり方

馬を飛ばそう IoT提唱者が教える偉大なアイデアのつくり方

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ブレインストーミングは無意味、ひらめきからアイデアは生まれない
IoT提唱者が創造性の常識をくつがえす!
日本版序文「IoTが生まれるまで」を収録。画期的な発明やアイデアは、普通の思考プロセスと試行錯誤からしか生まれない
この本では、新しいものがどのようにして生まれるか、その過程を明らかにする。読んでいくうちに、創造が奇跡や魔法の類いではなく、小さなステップがしばしば曲がりくねりながら無数に連なった結果であるということがわかるだろう。これはIoTに関する私の取り組みにも、そのままあてはまる。本書「日本版に寄せて――IoTが生まれるまで」より

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
日経BP
ページ数
441ページ
電子版発売日
2016年01月15日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

馬を飛ばそう IoT提唱者が教える偉大なアイデアのつくり方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年04月23日

    とても素晴らしい本。
    これに対してまずすべきことは、イノベーションの実例として登場した多くの人物について、どういう環境で何をしてどうなった?をリスト化して振り返ることだと思う。筆者の考察はもちろんとても有効だが、(あるいは、筆者の考察に基づけばこそ、)最も頼りにすべき道しるべは"事実&qu...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月06日

     アイデアを出すにはいろいろなことが要求されるという常識がある。例えば、ひらめきがアイデアを生むのに必要な道具だ。動く前に考える。しかし、著者はこれらの常識という名の都市伝説に異議を唱えている。



     ものを考えるプロセスを特別視しないことを説いている。「創造は魔法ではなく、地道な努力の結果なので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月19日

    創造性は特別な人間に訪れる特別な瞬間ではない、単調で地道で粘り強い作業の積み重ねだ

    ・思考は飛躍しない。問題を解決したり創造したりするのに必要なのは、知覚が不意に変わることではなく、観察と評価と反復だ。

    ・無意識のうちにすばらしいアイディアを思いつく、アハ・モーメントも神話にすぎない。不確かな状...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング