凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂

凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

少女は、刑事にならねばならなかった。

1992年7月、北海道釧路市内の小学校に通う水谷貢という少年が行方不明になった。両親、警察関係者、地元住民の捜索も実らず少年は帰ってこなかった。最後に姿を目撃した同級生の杉村純少年によると、貢少年は湿原のほうへ向かっていったという。
 それから17年、貢の姉・松崎比呂は刑事となって札幌から釧路の街に帰ってきた。その直後、釧路湿原で他殺死体が発見される。被害者は、会社員・鈴木洋介34歳。彼は自身の青い目を隠すため、常にカラーコンタクトをしていた。比呂は先輩刑事である片桐周平と鈴木洋介のルーツを辿るように捜査を進めてゆく。
 事件には、混乱の時代を樺太、留萌、札幌で生き抜いた女の一生が、大きく関係していた。
  『起終点駅(ターミナル)』で大ブレイク! いま最注目の著者唯一の長編ミステリーを完全改稿。待望の電子化!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
小学館
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年11月06日
紙の本の発売
2012年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年03月01日

     桜木紫乃が釧路の作家であることを武器にして書く小説とは何だろうと、考えたとき、やはり釧路という風土の特異性を生かした作品ということを考える。そしてそれが成功してゆくからこそ、この作家は直木賞に辿り着いてゆくのだろうと思う。

     そればかりか、この作家は北海道らしさを作風にとても色濃く出しているよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    題名にある女性刑事松崎比呂が、『氷の轍』の大門真由同様、彼女自身が事件に深く関わりを持っている。
    一方、捜査の主役は『氷の轍』と同じく片桐周平が担当する。後読みになったが、本書が先行刊行作品のようだ。
    1992年7月の出来事で幕が開け、次は1945年8月の終戦前夜の話になり、そして2009年に事件が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    直木賞作家、桜木紫乃さん初めてのミステリー長編。北海道警釧路方面本部女性刑事第一弾。釧路湿原でブルーアイの男性の死体が発見される。樺太、留萌、小樽、札幌、室蘭を舞台にある女性の半生が事件の鍵を握る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    最初の方に出てくる性描写が女性作者のわりにリアルで生々しくしいと感じた。

    時代が戦後直後の北海道を、舞台にしているということもあって、環境の極寒と人の余裕の無さからくる冷酷さがよく伝わってきた。

    そこから紐解いていく殺人事件。時をまたいで、解決していく内容深めの話だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月30日

    樺太の話〜とても興味深かったが、犯人の動機にあたる人間関係をもっと詳しく書いてくれないと、腑に落ちにくい。誰が誰だかちょっと混乱した。

    釧路湿原、普通に観光コースに入っているけど、怖いねぇ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月15日

    数日前に読んだのに中身を忘れた
    そのくらいの内容だったってことだ
    あ、思い出してきた
    オチは、最初の方で読めた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月22日

    ある女性の大河ドラマのような壮大なスケールの話だと思うけど、ただただ鈴木洋介がかわいそう。簡単に殺されすぎ。
    桜木紫乃は2冊目だけど、北海道=湿原=暗い、寂しいの印象で、ここにさらに今回は樺太、引き上げ・・・というワードも加わってさらにうら悲しい。天気で言うといつも曇りのイメージ。
    十河キクの工房や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月22日

    この小説はを推理小説と思って読むと少しガッカリするだろう。最後まで犯人の動機については納得がいく説明がなかった。しかしながら、作者が得意とする影のある幸薄い女性の一生を描いた作品だと思って読めば、やはり味のある仕上がりになっていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    北海道という土地が背負う歴史と、女たちの業が描かれたドラマ。登場する女性たちひとりひとりの描写が丁寧で引き込まれました。ドラマとしては面白く読みましたが、ミステリとしては微妙な感じで、被害者男性のことをもう少し掘り下げてほしかったかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月06日

    真冬の北海道の広大な大地に広がる曇天の空模様を連想する作品だった。谷地眼で消えた弟、刑事となった姉、湿原での殺人事件、被害者が固執した自身のルーツ、樺太からの引揚者、捜査線上に浮かぶ顔の無い女―。全てが複雑に入り混じり、濃密で大河的な人間ドラマが完成する。サブタイトルで警察小説をイメージすると私の様...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂 に関連する特集・キャンペーン