システム思考―複雑な問題の解決技法

システム思考―複雑な問題の解決技法

作者名 :
通常価格 4,158円 (3,780円+税)
獲得ポイント

20pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

50年代MITで誕生した体系的思考法についての定番書。デュポン、インテルの事例が広く知られ、組織に最も有用なスキル・アプローチとされている。最先端の理論と実践を網羅。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
516ページ
電子版発売日
2015年09月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

関連タグ:

システム思考―複雑な問題の解決技法 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月30日

    「システム思考」の入門書的なものは、いろいろあるのだが、その次に、何を読むか、というと、あまり適当なものがなかった。

    というところで、出てきたのが、システム思考、システム・ダイナミクスのバイブル(?)らしい本書の翻訳である。

    早速、買ってみたのだが、なかなか難しいそうで、入門書から、中級編を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月26日

    因果の糸は一本じゃない。もっと複雑に絡み合ってる。

    因果関係がある、効果量も大きいとならないと駄目なんだろうなあ。

    実際に使うのは大変だな。日々努力しかないか。

    直線思考、単純化の欠点は丸めてポイした部分を都合よく忘れる
    無視することか。便利でいいんだろうけどこの前提が
    ぶっ壊れたらお終いって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月24日

    複雑な構造をシステムとして捉え、モデル化するための考え方を記述した本。
    ページ数が多いが、意外と理解することはできる。
    ただし、実践は難しい。これを1回読んだだけで、システム思考のアプローチが取れることはなく
    訓練が必要と思われる。
    それでも、「システム思考」に理解するのにはおすすめの本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月07日

    問題解決の一つの手段として利用できないかとこの本を読んでみました。
    第1章「複雑なシステムにおける学習、複雑なシステムについての学習」は難解でこの本を買ったことを後悔しました。

    第2章以降から実例に基づいた解説になり、面白くなっていきました。

    事象の因果関係から原因や解決方法を探っていく考え方は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています