裏検非違使庁物語 姫君の妖事件簿 愛別の歌をもう一度

裏検非違使庁物語 姫君の妖事件簿 愛別の歌をもう一度

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大貴族の娘として姫君修業に励みつつ、妖を取り締まる裏検非違使としての任務もこなす椿木。幼き日に起きたある儀式についての記憶を取り戻したことで、さまざまな不安はあるが、愛する瑞季と信頼できる仲間に支えられ、二足の草鞋を履く生活に精を出していた。そんなある日、藤原家から「澪姫に憑いた妖を祓ってほしい」という内密の依頼を受ける。しかし、澪が瑞季のお妃候補だと知って…!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年09月25日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2012年07月08日

瑞季皇子のお妃候補だという、藤原家の姫、澪姫が登場。
容姿、教養ともに非の打ち所が無い澪と自分を比べて、どんどん自信を喪失する椿木。
相変わらず裏で糸を引く薄氷や、新たに登場する榊原真弓などの思惑が、複雑にからまって、瑞季と椿木を危機におとしいれる。
このままでは、結ばれることのできない二人がどうな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月06日

特に妖事件簿という内容ではなくなってきてますが、澪姫の姫君らしさに瑞季にふさわしくないと思い悩む椿木や、そんな椿木に心を寄せる瑞季の気持ちとか、ちょっと切ない感じになってました。

薄氷の件はこの件で解決した感じですが、最後に出て来た真弓とドクロが気になります。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています