棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様

棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 627円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

政争に敗れ、失脚したまま父が亡くなり、窮地に陥った伯爵令嬢のジゼル。好色爺の商人に引き取られかけたとき――冷酷で人嫌いと噂される青年公爵・バートラムが現れた。彼は、『三年前、ジゼルの父親とのある賭けに負けた。その時の約束を果たしにきた』と言う。その約束とは……結婚!! バートラムの妻に迎えられたジゼルは、窮地を救ってもらった恩を返すべく、役に立とうと奮闘するが…? 人嫌いの旦那様×めげない若奥様の新婚ラブ!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年09月18日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

棘公爵の花嫁 賭けをしましょう、旦那様 のユーザーレビュー

    購入済み

    読み応え有り!

    花花 2021年01月27日

    後宮の烏がとても面白かったので、同じ作家さん作品を探したら、レビューが良かった此方の作品を見つけて購入。
    登場人物もそれぞれ魅力的、頑なな主人公の棘公爵の気持ちの揺れが、もう少し描かれても良かったかな?とも感じましたが、話の筋も面白かったしお安めでしたし、購入して良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白かった

    kyou 2017年06月01日

    面白かったです。
    二人の距離が近づいていくたびに、ドキドキキュンキュンして、一気に読んでしまいました。
    最初は冷たいのに徐々に心を動かされ、ジゼルの前でだけ変わるバートラムの甘々な態度がたまりません。
    また、ジゼルも健気で可愛いいので、バートラムにはジゼルしか目に入らないのも分かります。
    全体的によ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    蜜蜂 2020年01月07日

    砂を吐くくらい甘~~い夫婦の話でした。著者が後書きで、前半と後半で公爵サマの甘さの意味が違うと仰っていましたが…後半の仏頂面で甘い言葉を吐くヒーロー、めっちゃ好み(前半の、結局は優しい所も良い)。あと、自分達の主人が大事で大好きな2人の爺やさんがとても好きでした^^♪。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月19日

    主人公ジゼルの強かさと小娘らしい傲慢さ、情の厚さがとてもよく描かれていて面白かった。人嫌いのくせに懐が深くて優しいバートラム様が素敵だしバートラムの前ではただ可愛いジゼルがほんと可愛い。
    可憐だけど強かなジゼルと気難しいバートラムという関係性がひと目でわかる香魚子さんの表紙絵も素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    失脚した父が亡くなり、商人の愛人として
    引き取られる日にやってきたのは
    人嫌いと有名な公爵だった。

    王道というか、ツンデレというか…。
    デレ具合いにうっかり、にやにやしてしまいます。
    旦那様と同じように、親の名誉を復活させられるのか。
    が、目的ではありますが、その間
    いちゃつき具合が加速していく(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月24日

    人嫌いの旦那様と自身の願いのため彼に好かれたい没落令嬢の年の差新婚ラブ。人嫌いでジゼルとは関わろうとしないバートラムと接点を作るためジゼルは賭けを提案する。ジゼルにすっかり棘を抜かれて甘くなった薔薇公爵バートラムとジゼルの甘々な空気がなかなか良かったです。腹黒で寂しがり屋な王太子が出てきてから物語に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月14日

    下鴨アンティークが面白かったので買ってみましたが(表紙も可愛かった)、コバルト文庫はコバルトでした。敵方や王太子サイドも突っ込んだらもっと面白かったかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    あ、あまい…

    ぺりー 2021年01月25日

    コバルトなので話は小難しくなく読みやすいです。
    にしてもデレた後のバートラムの甘さといったら…。
    もう、前半とは別人ですよ。
    かわいいけどね(〃ω〃)

    初めてバートラムの部屋で夜を共に過ごす、という時の彼のジゼルへの問いかけには、かなりキュンキュンしました〜(*/∀︎\*) キャッ

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年06月22日

    父が亡くなり、老人の妻になるところを借金のカタに公爵バートラムの妻になったジゼル。

    最初はジゼルの父との約束だからと妻にしたあとは放置してるバートラムでしたけど、だんだんジゼルに惹かれてて、お互いに気持ちを伝えたあとは、甘々全開に。バートラムってこんな人でしたっけ?っていうくらいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています