Number(ナンバー)976号

趣味・スポーツ・トレンド11位

  • NEW
  • 最新刊

Number(ナンバー)976号

作者名 :
通常価格 500円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※この作品には販売期限があります。
2019年07月10日を過ぎると販売を終了致します。

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

作品内容

イチロー戦記。
1992-2019

SPECIAL FEATURES

[独占ロングインタビュー]
イチロー
「長き戦いを終えて」

[同僚と監督の贈る言葉]
シアトルより愛をこめて

[進化を続けた45歳]
ラストプレー「3.78」
走力は最後まで伸びていた

[番記者が見た挑戦]
2001年、逆風と疾風の始まり

[スターとの競演]
イチロー、好敵手を語る

[元チームメイトが明かす素顔]
天才が青波戦士だった頃

[表紙と名言で振り返る]
ICHIRO×Number 1995-2019

[数字で読む偉大なキャリア]
イチローの「一番スゴい記録」は何か

――――――――――――――――――――――――――――
Dear Ichiro

[引退に寄せて]
王貞治
「それがスポーツの厳しさなんだ」

[永遠のライバル]
松坂大輔
「初めてのハグ、そして……」

[デビュー戦の洗礼]
ダルビッシュ有
「いきなり落とされたんです」
[号泣秘話]
菊池雄星
「あの夜、かけられた言葉」

[“鬼ごっこ”の真相]
大谷翔平
「僕が追いかけなかったら」

[盟友からのメッセージ]
三浦知良
「いつか一緒にトレーニングを」

[恩師との運命の出会い]
仰木彬と鈴木一朗
[日本シリーズ完全試合の真相]
岩瀬仁紀
「生涯最高のマウンド」

[短期集中連載・春競馬を読む(2)]
皐月賞プレビュー
サートゥルナーリア
「父の限界を超えていけ」
――――――――――――――――――――――――――――
REGULARS

[連載 18]
桑田真澄「独白」
「初めての胴上げ投手」

[連載ノンフィクション 20]
2000年の桜庭和志
「107分の死闘(中編)」

※「Number976号」電子版の編集ページは紙版と同じ内容です。

ジャンル
出版社
文藝春秋
ページ数
110ページ
電子版発売日
2019年04月11日
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています