小説 落第忍者乱太郎 ドクタケ忍者隊 最強の軍師

小説 落第忍者乱太郎 ドクタケ忍者隊 最強の軍師

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

累計880万部突破の大人気コミックが小説に。尊奈門との決闘に土井先生が負けた!? 雑渡昆奈門が忍術学園の教師に!? 漫画では描けないオリジナルストーリーにページをめくる手がとまらない。尼子騒兵衛による挿絵も必見!

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年08月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

小説 落第忍者乱太郎 ドクタケ忍者隊 最強の軍師 のユーザーレビュー

    購入済み

    面白かったです!

    りあ 2020年06月01日

    普段のギャグ路線ではなくシリアスな感じが良かったです!
    6年生が忍者してたのがかっこよかった、、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月21日

    記憶喪失軍師 土井半助!
    マジ最強だった…6年生 命の危機‼

    いつもはのほほんなドクタケも 悪 だった…怖いねぇ

    雑渡先生の授業は、ゾワゾワします

    是非とも 映画化を‼ もちろんアニメで‼

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月20日

    敵の雑渡が先生に!?
    土井先生が記憶喪失で敵の軍師に!?
    おもしろくないわけがない
    めちゃくちゃおもしろかったです
    最高に楽しかった(;_;)!!
    六年生の活躍もいっぱいでかっこいい!きり丸も!
    ほんと、映像化してほしいぃっ‥!
    小説第二弾希望!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月28日

    子ども向けアニメのノベライズにも関わらず、とてもシリアスな内容で大人が読んでも感動できるストーリーです。

    10分間のアニメでは描ききれない、登場人物の心理描写。土井先生と一年は組の生徒たち(特にきり丸)との信頼関係がよく描かれていて、より一層各キャラクターへの愛着がわきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月14日

    シリアスメインなので一年は組や下級生達の出番は抑え気味。主な登場は先生方と六年生、タソガレドキとドクタケ。そのあまり語られない中でのきりちゃんの行動に泣いた。普段の落乱の語られない裏側をメインにした感じで面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月17日

    かっこいい土井先生を楽しむ本。忍たまのお約束も盛りだくさん。でも大人向けなのか子供向けなのかどっちかにしたほうがよかったかも!?個人的にはお約束はおいといて、大人向けでまとめてくれたほうがよかったなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月06日

    土井先生ときり丸の絆がより一層深まった物語だと思います。普段作中では見られないシリアスさや厳しさにより乱世や忍者の世界を色濃く表されていて、読みながら大変ドキドキしていました。
    六年生のカッコ良さもとても素敵でした。一部設定が変わったのかな?と思う部分もありましたが、彼らがプロ忍に近いと称されている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月01日

    普段の漫画とはまた違う雰囲気でよかった。
    小説でしかできない流れだったのかもしれない。
    本当は忍者ってこんな感じなのかも。
    土井先生が改めてすごい先生でいい先生なんだと
    思う小説だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月18日

    シリアスな展開で、子どもも大人も楽しめます。

    内容は、何か「インターネットが普及し始めた15年前くらいによくホムペにアップされてたよね、こういう同人小説。」という感じです。(笑)無礼で申し訳ないけど、本当にそう思いました。

    文章が拙いとか、そういう意味ではありません。楽しみました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年05月19日

    漫画やアニメのお気楽のほほんとした雰囲気とは違い、シリアスな内容。
    そういえば落乱の時代背景って戦国乱世だったなぁとか、ドクタケって悪役だったなぁとか改めて思いました。
    土井先生・山田先生・六年生あたりの出番が多めで、原作では一年は組に振り回されてばかりの彼らが凄く格好良く書かれてて惚れ直します。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています