ねじまき男と機械の心 下
  • 最新刊

ねじまき男と機械の心 下

作者名 :
通常価格 1,934円 (1,759円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

死んだはずの貴族を自称する奇怪な男は、超常的な力でロンドンの下層大衆の不満を煽り、死霊や死者をも操って帝都を革命寸前の大混乱に陥れる。この科学の時代にオカルトが猛威を振るう裏には、〈ナーガの目〉が秘める絶大な力と、それを狙う意外な人物の姿が。彼らは歴史へのさらなる介入を企んでいるのか?蒸気機関や改変生物により大変貌したもうひとつの19世紀を舞台に、バートンはじめ著名人たちが歴史の行方を巡って入り乱れる、傑作ネオ・ヴィクトリアン時間SF!/解説=北原尚彦

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元海外SF叢書
ページ数
315ページ
電子版発売日
2015年07月29日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2015年11月15日

    イギリスの作家マーク・ホダー、2011年発表の小説。「大英帝国蒸気奇譚」シリーズ第2巻となるスチームパンクSF。実際の歴史とは異なるもう一つの19世紀イギリスの主にロンドンを舞台にした何でもありの冒険活劇。面白いけれど、私にはイマイチ乗り切れないような感があります。

    ヴィクトリア女王が暗殺されたヴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ねじまき男と機械の心 上
    蒸気馬車や羽ばたき飛行機だけでなく、巨大な改変生物に蒸気機関を搭載した多脚機械まで現れ、ますます本来の歴史から逸脱してゆく1862年の大英帝国。深夜の帝都ロンドンに現れた機械人間が起こす騒ぎの陰で盗まれた黒ダイヤ〈ナーガの目〉――世界中に伝承が散らばるこの宝石は、天才科学者バベッジが求める特異な力を秘めていた。その力は、歴史を大きく歪めたかの怪人「バネ足ジャック」とも関わるという…...
  • ねじまき男と機械の心 下
    死んだはずの貴族を自称する奇怪な男は、超常的な力でロンドンの下層大衆の不満を煽り、死霊や死者をも操って帝都を革命寸前の大混乱に陥れる。この科学の時代にオカルトが猛威を振るう裏には、〈ナーガの目〉が秘める絶大な力と、それを狙う意外な人物の姿が。彼らは歴史へのさらなる介入を企んでいるのか?蒸気機関や改変生物により大変貌したもうひとつの19世紀を舞台に、バートンはじめ著名人たちが歴...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています