ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110

作者名 :
通常価格 2,079円 (1,890円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ファンタジー作品を創作するときに知っておきたい洋装・和装の知識を事典形式でまとめたネタ帳。近世・近代ヨーロッパの衣装、日本の公家・武家・庶民の衣装など、ファンタジーに利用される装束を解説。シナリオ設定やキャラクターデザインに使える服装が満載。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年06月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
48MB

ゲームシナリオのためのファンタジー衣装事典 キャラクターに使える洋と和の伝統装束110 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月15日

    西洋の昔の衣装が細かく書いてあって、何かを書くときには役に立ちそう。
    イラストも美麗で、イラストを眺めるだけでも面白い。
    どの服がどの時代のものかわかるのでとても助かった。
    心なしか日本の衣装のほうが多くて細かい気がする。
    本音を言えば、中国などのアジア系や欧米のその他民族衣装に関することが書いてあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月08日

    小説やマンガを書くならば、資料として非常に役立つだろうし、そうでなくとも、なぜこのような服装になったかが書かれていて、歴史や文化の読み物としても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月25日

     西洋は近世以降から。ルネサンス、バロック、ロココの順で、男性、女性、職業別にという感じに分類されている。近代はナポレオン時代とヴィクトリア朝時代、フランス革命期と分類がやや大雑把かつ錯綜した印象。
     どんな衣裳を着ていたかなどは、文字の説明ではわかりづらいので、絵や写真で見るのが一番。百聞は一見に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています