今を時めく藤原氏の娘である茜は、忌み子とされる双子の妹。 美しい姉・照子の入内が決まり、お付きの女房としてついて行くことに。 しかし和歌が苦手な照子の代わりに、帝の主催する宴に出席することになり?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2015年08月01日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

平安うた恋語 花嵐と銀の少将

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年08月20日

内大臣の娘である茜は、双子として生まれる。双子は忌み子のため、娘として認められてなかった。姉である照子と、茜は容姿も全く異なり、色素の薄く、双子に見られることはありませんでした。照子の入内が決まったため、侍女として着いて行くことになりました。
女御として入内した照子は、歓迎の宴に、怖くて出たくないと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

平安うた恋語 花嵐と銀の少将

Posted by ブクログ 2017年09月23日

平安時代の恋愛物語が好きなので購入しました。まず、主人公の茜に好感が持てます。色々な苦悩やコンプレックスを抱えながらも健気に自分の役目を果たそうとする女の子。
表紙でもある通り、可愛いです。双子のお姉さんの方も綺麗で美人なのですが、私は茜の方が好きでした。

このレビューは参考になりましたか?

平安うた恋語 花嵐と銀の少将

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年08月19日

藤原氏の娘なのに、双子で他と大きく違う容貌で、両親から忌み嫌われて暮らしていたヒロインの茜。
双子の姉の照子が入内することになって、女房として宮中に。

まずヒロインの茜は、ちょっと嫌いな猪突猛進娘系な感じで、よせばいいのにトラブルに突っ込んでいきます。ヒーローの雅雪は、最初いい感じで茜と出逢った感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

平安うた恋語 花嵐と銀の少将

Posted by ブクログ 2015年07月06日

一族のなかで忌み子とされてきた藤原茜が、陰謀が渦巻く貴族社会に得意の和歌でどう立ち向かうのか楽しみになりました。

このレビューは参考になりましたか?