田園発 港行き自転車(上)

田園発 港行き自転車(上)

作者名 :
通常価格 1,382円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

絵本作家の賀川真帆は友人と共に、自転車で富山県内を巡る小さな旅に出る。真帆の父は15年前、出張で宮崎に行くと言い置いたまま、富山県内で心筋梗塞のために急死していた。富山に縁もゆかりもないはずの父が、家族に内緒で富山県の滑川にいたこと…。その謎が、真帆の心に長年引っかかっていた。一方、東京での暮らしに馴染めず故郷の富山に戻ってきた脇田千春は、事務員として働いている。自分がこれからどう生きていくべきかわからないまま、実家暮らしを続けていて……。そんな2人を中心に、出会うはずのなかった人々の人生が、縁が織り成す細い糸で繋がっていく。不器用ながらも誠実な人生を送ろうとする市井の人々と、彼らの運命が織り成す人間ドラマ。心温まる傑作長編。 (2012年1月~2014年11月にかけ、「北日本新聞」で連載)

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
392ページ
電子版発売日
2015年07月03日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年05月03日

4月。桜。新年度ー。

何かと心躍る季節のはずが、気がついたらもう5月です。

職場でも組織変更があり、マネジャーとして、新たな仕事を、新たなメンバーとともに担うことになりました。

でも、新しいことだらけの環境で気持ちは焦るばかり。まったく思い通りに進まない仕事の山と慣れない人間関係。早朝から深夜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月19日

どの作品もそうなのだが、「物語の舞台となった地へ行きたい」に衝動がものすごく駆られる。この作品からはサイクリングでしょう。宇奈月温泉から赤い橋、広大な田園地帯(田植え直後か黄金の時期か迷うところですが、水田の水鏡はプラス査定かな)をぐねくねと走り、旧北陸街道を経て日本海へ出る。が、理想ですけど。
 

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月01日

久々の宮本輝作品。やはりいい。宮本さんが、長い間心の病と戦いながら筆をとってきたのは有名な話。苦しんだ分だけ、人を優しく深く描くことができるのだろう。19の時「青が散る」と出会い、ずっと読んできた宮本作品だが、私自身も鬱を潜り抜けてからは初。なんだか見えてくる風景が違う気がする。
煌めく都会の渋谷。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月29日

内容(「BOOK」データベースより)

絵本作家として活躍する賀川真帆。真帆の父は十五年前、「出張で九州に行く」と言い置いたまま、富山で病死を遂げていた。父はなぜ家族に内緒で、何のゆかりもないはずの富山へ向かったのか―。長年のわだかまりを胸に、真帆は富山へ足を向ける。富山・京都・東京、三都市の家族の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月13日

心が震えて、揺さぶられ、涙が何度も出そうになった
人には必ず苦しいこと、つらいことが訪れる
だからこそ、幸せになると信じていくのだと
なんどもなんども励まされていたように思う

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play