中高ストレートの私立女子高(高知の名門・土佐女子高)を高3の夏、強制退学になり、今までずっと人生の苦労をしどおしの女流まんが家の自選作品集。巻頭4色カラーは作者の故郷・土佐和紙の千切り絵で構成された抒情的佳品。細部まで気配りされたブックデザインが清々しい。高知出身の黒鉄ヒロシとともに平成9年度第43回文藝春秋漫画賞受賞作家。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
アクションコミックス
電子版発売日
2015年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2012年12月22日

どうしても不登校の息子・娘に学校へ行ってもらいたいと思ってる親御さんは、ぜひ読んでみてください。「不登校治療」を掲げるクリニックや相談室より、ずっと役に立ちます。

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2007年12月28日

小さな頃に、田舎に住んでいたり、貧乏だったり、勉強ができなかったり、運動ができなかったり、おじいちゃんやおばあちゃんと暮らしていたり、いじめられっこだったり、何かしら子供時代に後ろめたい思い出だとかコンプレックスを感じていた人は、これを読んだら心がえぐられるような思いをするのではなかろうかと思います...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2006年05月31日

短編が詰まったもので、この中の『やまもとくんとまぶだち』が宝島で連載されてて。それが僕とサイバラの出会い。一瞬で好きになりましたよ。

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2006年02月18日

女の子の細やかな感受性あふれたリリカルな作品、BS漫画夜話で紹介されて読んでみて、ここから西原漫画の大ファンになりました。

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2006年01月18日

すっかりしんみりさせられる作品です。
でも、のんびりしているだけじゃなくて、しっかりと本質も突いてきます。しかもそうとう痛いところを。

これがサイバラ作品の真骨頂と思わせる、初期の作品がいろいろと収められています。

もはや、漫画というよりは、絵本の領域だとも思います。

読んだことのない人にはぜ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2004年09月30日

学校っつったらずる休みでしょ。そんでお母さんがいない間にファミコンしたり、NHKみたりして、「ああ、いまこの時間みんな勉強してんだな」って思うでしょ。でも、なんでずるして休むんだろ。学校ってなんだろ。今でもわかんないや。

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2017年09月10日

この本の表題作『はれた日は学校をやすんで』が小学館の『小学六年生』に載っていたという事実に驚く。
不登校の女の子の話が、だ。
鈍い私には、西原さんの繊細でリリカルな表現は完全には分からなかったけれど、
全国の不登校の子達の心を慰撫したんじゃないかなあ、と思う。
解ってくれる大人がいる、と思えることは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2011年12月05日

彼女は幅が広いなぁ〜と感じた。

学校ってそんなに楽しいとこじゃないよね。
教師が思ってるほどいいとこじゃないよね。
悪くもないけど。
でも、息がつまるって時があるよね。

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2011年02月06日

「山本くんのまぶだち」にみる友情が痛くて泣ける。絵の下手さが、計算されているのかと思ってしまうほど、少年のころのずるがしこさや、切なさが伝わってきた。西原理恵子はちいさいころの記憶をたくさんもっているのだろうか?自分のまわりにも、こんな子どもたちがいたような気がしてしまうのだった。

このレビューは参考になりましたか?

はれた日は学校をやすんで

Posted by ブクログ 2007年08月24日

私事ですが13年間、家族としてともに生きてきた元気(犬・♂)が死にました。一月前に逝ったじいちゃんの後を追うように。 この本に収録されている「ジョン」という短編漫画も、飼い犬との別れを描いたもの。捨て犬だったジョンは、「ぼく」に向かって「はようにひろうてくれと」「ひっしにしっぽをふった」ともに過ごす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?