偏屈な文筆家「堤 大雅」(ツツミ タイガ)は、若いころ世話になった叔母の頼みを断れず、母親を亡くして身寄りのなくなった青年「島田 清」(シマダ キヨシ)を自宅に置いてやることとなった。かねてより人嫌いである大雅は他人との同居なんてまっぴらだったが、清純で自分のことを「先生」と呼び慕う清に次第に心を許していく。そんなある日、清を連れて町に出た大雅は、米屋の娘「花」(ハナ)と親しく話す清を見て、今までになかったほの暗い感情が湧き上がるのを感じ――。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレインDCG
掲載誌・レーベル
BL☆美少年ブック
電子版発売日
2015年06月26日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 文筆家は独占と溺愛の果てに
    完結
    通常版 1巻 322円(税込)
    偏屈な文筆家「堤 大雅」(ツツミ タイガ)は、若いころ世話になった叔母の頼みを断れず、母親を亡くして身寄りのなくなった青年「島田 清」(シマダ キヨシ)を自宅に置いてやることとなった。かねてより...
  • 文筆家は淫靡な愛を貪る
    完結
    通常版 2巻 322円(税込)
    「琴牛」(キンシュウ)という名で活躍する小説家「堤 大雅」(ツツミ タイガ)は、 下働きである「島田 清」(シマダ キヨシ)を昼間から犯し続けていた。 徹夜明け、かつ脱稿明けの堤の性欲は止まること...
  • 文筆家は純愛な仕置きで永遠を契る
    完結
    通常版 3巻 322円(税込)
    「琴牛」という名で活躍する小説家・堤大雅は、下働きである島田清と爛れた関係であった。 しかしここ3日間、清に見向きもせず、部屋に籠りっきりで執筆をしていた。清は寂しく思いながら買い物に出かける...

文筆家は独占と溺愛の果てに

購入済み

雰囲気はいいけど短い

なの 2016年06月21日

なかなかしっとりとした良いお話でしたが、いかんせん短いですね。。。

このレビューは参考になりましたか?