志の見つけ方 話し言葉で読める言志四録
作者名 :

1巻配信中

価格 1,199円 (税込)

吉田松陰、西郷隆盛、坂本竜馬、勝海舟……。ここに並べたそうそうたる人物たちには、ある共通点があります。それはどんなことでしょうか? 彼らのいずれもが、ある一人の学者から多大な影響を受けました。佐藤一斎。『言志四録』を著わした江戸時代末期の学者です。『言志四録』は、佐藤一斎が晩年に書いた書物です。「幕末のバイブル」と言っていいほど、この国の心ある多くの人たちが手に取って、そこに記された言葉の数々を人生の指針としました。吉田松陰も西郷隆盛も、『言志四録』に生きる力を与えられ、生きる意味を知らされたのです。本書は、そんな『言志四録』の内容を抜粋して読み易く、やや大胆に現代語訳したものです。本書につづられた言葉群がきっと、現代社会という「戦場」で日々奮闘している読者の皆様にとっても良きアドバイスになることと、信じています。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年06月12日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

志の見つけ方 話し言葉で読める言志四録

Posted by ブクログ 2015年12月12日

現代語訳すぎて、どーかな?と思うの部分もあるけれど、どの話もツボを突いてくる。仕事に役立つのは間違い無い。

このレビューは参考になりましたか?

志の見つけ方 話し言葉で読める言志四録

Posted by ブクログ 2015年09月04日

佐藤一斎の言志四録が現代語になった。
当然に一部の項目を抄録したものになっているが、その思想は分かりやすかった。
上下関係を所与としている点に、個人的には違和感もあるが、その立場なりに全体の調和のための覚悟をもつことや、何事もバランスの勘所を大切にしていそうなところが好ましく感じられた。
振り返って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?