女子高生に殺されたい 1巻
  • 完結

女子高生に殺されたい 1巻

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

古屋兎丸画業20周年記念作品! 女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人。彼の標的は1年3組の美少女・佐々木真帆(16歳)。彼女による“理想的な殺され方”の実現のため、密かに綿密に計画を練るのだった……! 鬼才・古屋兎丸、待望の最新作は「リアルな心理描写」×「緻密に練られたプロット」で紡ぐ異常なる犯罪計画!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
月刊コミックバンチ
電子版発売日
2015年06月12日
紙の本の発売
2015年02月
サイズ(目安)
100MB

女子高生に殺されたい 1巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年02月09日

    男性視点からの女子高生に対するいやらしい性癖のお話かと思っていましたが、ただ本当に殺されたいと思っているところがあっさりしていて好感がもてました。
    時間発売が2016年とあったのでもっと早まってくれないかなと思うほど続きが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月09日

    むっちゃ面白い……。女子高生に殺されたい欲望を"現実にしよう"とする狂気。想像くらいなら誰だってするけど……
    濃い深いプロットだけでなくテンポや空気感もむちゃくちゃいい。いいですね……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月28日

    少ない登場人物なのに、いっけんありがちぽい関係性なのに、ものすっごい広がり(ある意味、閉塞)を予感させる!
    「自殺サークル」のもっと前、ダ・ヴィンチで投稿をネタにシュールな四コマのころから、描くものはかわらないけど、時代が兎丸に追い付いちゃったってかんじ?学校の人間関係と個の距離感、そかから派生する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月02日

    装丁が素敵だったので衝動買いしてみたところ古屋先生の作品で、主人公の異常性癖から次の展開がとても気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月30日

    兎丸超絶嫌い、言いながらこの人の漫画を何気に網羅しているというwwwww
    「彼女を守る51の方法」っていうのがもう腹立って仕方なかったんだけど
    人間失格もまぁまぁ面白かった。

    この人何書くんでも強姦描写入れるから好きじゃないんだよね。
    馬鹿の一つ覚えかよって。

    それでしか表現できねーのかよって毎...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月12日

    んー…まあ、フェチのお話でしたねぇ…。僕もJKは好きですけれども、さすがに殺されたくはないです(笑)

    こういう作品のスタイルを何というんでしょうか…それぞれの登場人物の視点から物語が綴られていきます…群像劇? といった方が良いんでしょうか…。

    まあ、二巻で完結みたいなので続きを待ちましょう…さよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月29日

    古屋先生の本領である死と性がねっとり絡まり合う題材を、きっと上下でライトにまとめようと。
    しかしねとねとが本の隅から零れだしていると。
    願わくはもっともっと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月12日

    久々、コミック新刊購入。
    イイ意味でやってもぅた!
    続きは来年か……。
    正直、完結してから購入。一気読み向き。
    次巻待つのが、焦れったくなる作り。
    サスガは古屋兎丸。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    1巻はそれぞれに個性的な背景を持った人物が次々に登場し、絡まりあっていく。
    東山春人―臨床心理士から高校教師に方向転換。一見平凡そうだが、女子高生に絞殺されたいという強い願望に突き動かされている。
    佐々木真帆―東山の勤める高校の女子生徒。美少女で東山は彼女に殺されたいと思っている。時々意識を失い、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年12月10日

    そういう性癖の方も居るということ。
    ただのロリコンとかとはちょっと違う。
    美しいものにあるいは汚いものに
    汚して欲しいという、
    こういった狂気を描写する
    兎丸先生の画力は素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?

女子高生に殺されたい のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 女子高生に殺されたい 1巻
    完結
    古屋兎丸画業20周年記念作品! 女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人。彼の標的は1年3組の美少女・佐々木真帆(16歳)。彼女による“理想的な殺され方”の実現のため、密かに綿密に計画を練るのだった……! 鬼才・古屋兎丸、待望の最新作は「リアルな心理描写」×「緻密に練られたプロット」で紡ぐ異常なる犯罪計画!
  • 女子高生に殺されたい 2巻(完)
    完結
    男は女子高生に殺されたいがために高校教師になった。彼の標的は1年3組に在籍する一人の美少女だった。彼女による“理想的な殺され方”の実現のため、密かにそして綿密に計画を練るのだった。しかし彼の異常な計画は次第に綻びを見せ始め、隠された事実が浮かび上がってくる…。鬼才・古屋兎丸が紡ぐ異常なる犯罪計画サスペンス、堂々完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています