西郷隆盛の遺志を継ぐ頭山満の勇躍を見よ。上下巻に分けて配信。

漫画家・小林よしのり氏の大人気シリーズ『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版。
今日、我が国の指導者たちからは「アジアの成長を取り込む」という文句がしきりに発せられる一方で、日本はアジアの中でどうあるべきか、どういう形でリーダーシップを発揮していくのか、その思想や戦略が具体的に語られることはほとんどありません。
明治から昭和まで日本における政治・思想に多大な影響を及ぼした政治結社「玄洋社」の中心的人物である頭山満は「アジア主義」を掲げ、いたずらに西洋列強を模倣することに警鐘を鳴らしていました。
当時、日本は江戸幕府が列強と結んだ不平等条約に苦しんでいました。ところが、大隈重信ら藩閥政府が不平等条約の改正に動きましたが、実態はむしろ「改悪」でした。明治維新の元勲・西郷隆盛の思想は藩閥政府には受け継がれず、欧化政策を推し進めていました。
国会もまだ開設されていないそんな時代に、藩閥政府の政策に異を唱え、欧米の帝国主義から日本とアジアを守ろうと頭山満とその仲間たちは奔走しました。彼らの軌跡を振り返り、敗戦によって分断され、忘れ去られた日本人の思想史に光をあてます。

フィックス型EPUB143MB(校正データ時の数値)。

【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。

ジャンル
出版社
小学館
電子版発売日
2015年06月05日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 上巻

Posted by ブクログ 2016年01月20日

素晴らしかった。西洋の覇道を突き進んだ大久保に対して東洋の道義を大事にして王道を進もうとした西郷。まさに日本の分岐点であり、今日にも通じる話だった。教科書の「不平士族の乱」という記述に騙されてはいけない。

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 上巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年01月18日

大久保利通を始めとする明治政府は、西洋の価値観を取り入れ、朝鮮に対して軍事力を背景とした威圧外交を行い、王道的な政治を捨て去った。主人公である頭山満らは、西郷隆盛野目指した王道政治を取り戻すべく第2の明治維新を目指し、武装蜂起を起こそうとした。
日本が朝鮮に無許可で砲艦を用いて、測量して挑発し、その...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 上巻

Posted by ブクログ 2015年12月22日

不平士族の乱は、単純に血気盛んな若者が、新時代に着いて行けず起こした乱だと思っていたが、そうではないという事がよく分かった。
元来の日本人の大切な精神を守ろうとしていたのだと。
日本人の原点ともいうべき箇所を見つけられたように思う。

このレビューは参考になりましたか?

ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 上巻

Posted by ブクログ 2015年12月19日

不平士族の乱を全く違う視点から描いているところが新しいと思った。明治から現代日本を批評するという試みがすばらしい。

このレビューは参考になりましたか?