【小説版登場!】天籟ウィンドフェスから一週間後――鳴苑高校吹奏楽部が行った毎年恒例の“練習合宿”。全国大会出場のため、特訓、炊事、買物(?)など、メンバーが様々なミッションに励んだ二日間の全貌を、小説で解禁!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ジャンプジェイブックスDIGITAL
ページ数
224ページ
電子版発売日
2015年06月04日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

SOUL CATCHER(S)―Interlude― act.3 有終のカルナバル

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年03月04日

あまりにもけしからん邑楽先輩。

ばたばたばたと完結を迎えた感も、ほんの少しだけある本編で、描かれなかった「隙間」や「その後」を描いて下さった、ノベライズ版。

長い長い人生の、短い青春の1ページだったんだよね。
劇中で、ちょうど1年間。

素晴らしいお話でした。ありがとう。

このレビューは参考になりましたか?

SOUL CATCHER(S)―Interlude― act.2 過ぎゆきて春

Posted by ブクログ 2015年06月04日

戦う吹奏楽マンガ、SOUL CATCHER(S)のノベル第2弾。
最後の黒条篇は、ガチサイコホラーじゃないですか。
京極夏彦のようだ。おそろしいおそろしい。
主人公組は本編に任せて、な脇キャラたちの補足だったので、まあそれがこういうノベルのだいご味だけど、邑楽先輩でニヤニヤできなかったのは悲しかった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

SOUL CATCHER(S)―Interlude― 鳴苑高校吹奏楽部冬合宿報告書

Posted by ブクログ 2014年11月13日

要するに、鳴苑高校冬合宿レポートです。

****

音羽先輩のギャップに萌えましょう!!
もう、それ、だけ……しか、言えない!!!!

このレビューは参考になりましたか?

SOUL CATCHER(S)―Interlude― 鳴苑高校吹奏楽部冬合宿報告書

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月09日

ひとの心がヴィジュアルとして見える、という「共感覚」を持つ神峰君が、吹奏楽部の指揮者となって全国を目指す、と言うマンガの、ノベライズ。
やー、ヴィジュアル化する心、って言うギミック自体は小説には不向きだが、小説自体が「心を可視化(可読化)」するメディア、なので実は相性が良い、けども、ある意味普通過ぎ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

SOUL CATCHER(S)―Interlude― act.3 有終のカルナバル

Posted by ブクログ 2016年05月15日

他愛のない話ばかりながらも、後半から不足気味だった幕間劇的な要素、そして各キャラのエピローグ的内容を十二分に堪能できる内容。最終巻と同時発売のノベライズ、という異例な立ち位置は、「原作と肩を並べる」に足りるコンテンツの証明だったのだな、という感じです。必要ないと言えば必要ないけど、原作完結の余韻を堪...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

SOUL CATCHER(S)―Interlude― act.2 過ぎゆきて春

Posted by ブクログ 2016年03月06日

事件、エピソードというよりも、そこでのキャラの心情、バックボーン描写が主眼であろうということで話自体はあっさり目。本編がこういうサブエピソードをあまりやらなかったのでその補完的な感じもありますかな。
しかしその中で、黒条善人の「本編以外での活躍(?)」を描いた最後の短編が面白かった。うん、日常的にこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?