オークションハウス〈プレスコッツ〉を会場にしたチャリティイベントで、主催の女性が毒入りワインを飲んで死んだ。店を提供したオーナーのジョシーは、警察から執拗な取り調べを受ける。犯人の狙いは被害者ではなく、自分かもしれない。以前の勤め先を去るきっかけとなった事件の被告である元上司が刑を終え出所していることを知り、おののくジョシーだが、頼れる恋人の警察署長タイは折悪しく不在のため、今回の件には一人で立ち向かうしかない。人出の多い会場で、犯人はいかにして毒を盛ったのか……? アンティーク×謎解きのシリーズ第2弾。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
460ページ
電子版発売日
2015年05月29日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

落札された死

Posted by ブクログ 2015年07月18日

文章は読みやすいが話が冗長な感じがした。主人公の女性がとても感情的に描かれているので共感できないと辛いと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

落札された死

Posted by ブクログ 2015年07月19日

オークションハウスを経営する女性ジョシー・プレスコットが主人公のシリーズ2作目。
前作を読んでいませんが、問題ありませんでした。

チャリティイベントの席上で主催者の女性が毒入りワインを飲んで死亡する事件。主人公のすぐ側、多くの人がいる中での毒殺という大胆な犯行です。
観衆の中どうやって毒を混入した...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?