最近の神社ブームには目を見張るものがあります。しかし、冷静に考えてみれば、神社のことは知らないことばかり。そして、神社のことを理解するのに重要なのが「神話」です。なぜなら、それは神々の物語だからです。天照大御神(あまてらすおおみかみ)や須佐之男命(すさのおのみこと)といった神々の物語は、日本最古の歴史書『古事記』や『日本書紀』などに書かれています。本書は『古事記』を中心に、神話のあらすじと解説、ゆかりの地の探訪記事を掲載しています。日本各地の「神話の里」の写真も満載で、見ても楽しくやさしく理解できる神話の本です。読後には「神話とはこんなにも奥深く面白いものだったのか! 」となること、うけあいです。平成24年からは、神社本庁による「神社検定」が始まりました(主催/一般財団法人日本文化興隆財団)。神社本庁とは、全国約八万の神社を包括する組織です。大反響のもと、全国の会場で試験が行われました。平成27年6月には「第4回 神社検定」が行われます。毎回、テーマが設けられ、平成27年の3級のテーマは「神社の基礎と万葉の神様」、2級のテーマは「祭りと神社の歴史」、1級は特にテーマを設けず、ほぼすべての神社検定公式テキストから広く出題されます。この公式テキスト2『神話のおへそ』は、平成27年の試験では2級と1級の出題テキストとなります。検定を受ける人には必須、受検しない人でも神社の正しい知識を簡単に身につけたい人にはうってつけの本です。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
331ページ
電子版発売日
2015年05月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2016年11月17日

『古事記』完成から千三百年あらすじと解説、ゆかりの地探訪し日本のこころを知る。
「神話の里」の写真満載。

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2015年01月21日

古事記と日本書紀の話を中心に、丁寧に日本の神話をひもとく本。

日本の神話ってなかなか馴染みのないものだが、日本に生まれて日本に育ってるんだから、やっぱりなんとなくでも知っていたほうがいい気がしていた。
読み終わったら、やっぱり知っておいたほうがいいなあと、改めて思った。

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2014年11月15日

検定を受けるかどうかはさておき、神社検定の本を読む2冊目。このシリーズは検定用のテキストということなんですが、神社系読み物として成立している且つ、神社本庁監修なので(一応)これが正しい情報ということになるので、とても楽しく読んでいます。

今回は神話の解説。古事記の上〜中までとなっているので、神武天...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2013年12月08日

神社検定テキスト②、こちらは神話を中心に、日本人の生活と信仰の繋がりや、神社のルポが写真付きで紹介されています。
ちょうど伊勢に行く前に読んだので、伊勢神宮を創建するまでのヤマトヒメの軌跡なんかにも触れられていて興味深かったです。

私は古事記に興味があるので面白く読むことが出来ましたが、神社検...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2012年04月07日

比較的わかりやすい日本神話。特に神々の系図がわかりやすいかった。
他の古事記本なども併せて読むと良いかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2012年06月18日

古事記を読み解くことを中心に、日本の神話から神様や日本人の関わりについて説明している。
こまめに解説文や系図などを入れてくれているのでわかりやすい。
ルポもまとめてではなくて同じように入れてくれたらもっと読みやすかったかなとも思う。

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2012年06月02日

神様の名前覚えられない…ギリシャ神話もそうだけど、神様たちって本当に自由奔放だ。それにしても、天照大御神は好きになれない。

このレビューは参考になりましたか?

神社検定 公式テキスト2 神話のおへそ

Posted by ブクログ 2012年05月18日

断片的にしか知らない日本の神々の系譜とその物語が、体系的に整理されている。これまで漫然とみてきた神社により興味が湧いた。

このレビューは参考になりましたか?