※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は詰みの基本となる、頭金から始まる詰将棋の本です。序章で将棋の基礎知識を解説し、金銀桂香歩飛角それぞれが持つ特徴的な詰みの形を1手詰80問と3手詰120問にまとめました。詰みの基本を覚えるのに、1手詰ほど役に立つものはありません。詰みと不詰みの違いをしっかりと見極め、詰み形というものを理解してください。

3手詰には「逃げ道を封鎖」、「守備力を低下」、「玉位置をずらす」などいろいろな詰めの筋が出てきますが、これらは実戦でも頻繁に現れます。手ごわい問題もありますが、解いた分だけ終盤力がアップするでしょう。


≪CONTENTS≫
序章:将棋の基礎知識/第1章:10級問題/第2章:9級問題/第3章:8級問題/第4章:7級問題/第5章:6級問題

ジャンル
出版社
マイナビ出版
掲載誌・レーベル
マイナビ将棋文庫SP
ページ数
440ページ
電子版発売日
2015年05月29日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

1から始める詰将棋

Posted by ブクログ 2013年09月28日

将棋始めたばっかりでも根気よくやれば解ける問題が多いと思う。
もっとすいすい解けるよう2週目がんばります。

このレビューは参考になりましたか?

1から始める詰将棋

Posted by ブクログ 2018年07月22日

10級から6級までの全200問収録。
内訳は、1手詰80問と3手詰120問です。

サクサクっと解けました。

このレビューは参考になりましたか?