本書を手にしてくださったあなたに深く感謝申し上げます。そして、あなたのビジネスパーソンとしての今後の成長をお約束します。

  なぜ、そんなことが言えるのか。その理由は、あなたが「耳の痛い話」というタイトルのついた本書に向き合う“意欲”をもっているからです。だって普通の人は「耳の痛い話」など聞きたくない、できれば遠ざけておきたいと思うはずですから。でも、あなたの場合は、「今の自分には満足していない」「もっと成長したい」「成長のきっかけをつかみたい」という気持ちがあるからこそ、本書に興味を持ってくださったのではないでしょうか。

  長年、私は組織人事領域の専門家として様々な業界の人材教育に関わると同時に、経営者としても人材マネジメントに注力してきました。そのような経験を通じて断言できることは、成長への意欲がある人材は、正しい考え方や方法論さえ取得すれば、確実に「デキる人材」へと変貌するということです。

 本書にしたためた「耳の痛い話」の数々が、あなたの次なる一歩へとつながること、そしてあなたの未来が大きく開けるきっかけとなることを心から願っています。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
232ページ
電子版発売日
2015年05月22日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

Posted by ブクログ 2014年12月23日

共感できるところ、自分の認識が甘かったなと思うところ、など身になる内容が多かった。この1回きりではなく、自分が自惚れてきた時や上手くいっていないときなどに読み返そうと思う。

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月21日

耳が痛くなるというほど反省させられることはなかったが、特に社会人経験の浅い人の、自意識過剰な悩みには、組織や上司はそんな風に捉えているんだという別解のヒントになりそう。
虫の目、鳥の目、魚の目のお話も、並列的に意識するのではなく、どれかに集中しながら、タイミングをみて集中を切り替えるなど、会社人とし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年02月26日

チェック項目9箇所。本書にしたためた「耳の痛い話」の数々が、あなたの次なる一歩へとつながること、そしてあなたの未来が大きく開けるきっかけとなることを心から願っています。今の若い人は、目先の小さな自由に逃げ込む傾向があるように見えます、厳しいようですが、ニートやフリーター、あるいは仕事をサボタージュす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

Posted by ブクログ 2013年12月03日

なぜ自分が評価されないか悩んでる若手必読。信頼貯金。組織は一人がいなくても動く。自分だけの仕事はない。本当に成長する時は追い込まれた時、追い込みから逃げてないか。

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

Posted by ブクログ 2013年11月28日

新卒~入社3年目くらいの方に読んで欲しい本です。

>20年、30年と生きてきた中であなたは何万回、何十万回と選択を繰り返してきたはずです。
>そんな選択を繰り返した結果が、今のあなたなのです。
>人生は常に「過去の自分の総決算」です。
>今の境遇に不満があるとしても、それが現時点での総決算。誰かの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

Posted by ブクログ 2013年11月20日

耳が痛いと言うより、心が痛いが正しいかもしれない。

上司に注意されていたことを違う視点で伝えてもらった。

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

Posted by ブクログ 2014年04月29日

タイトルとは裏腹に、耳に痛いという話ではなく、非常に納得できた。仕事で役に立ちそうなポイントがまとまっている。①ピンチでも「ちょうどよかった」と気持ちを切り替える②虫・鳥・魚の視点の切り替え③対極の筋力を鍛える④濃い時間の使い方⑤コミュニケーション力は技術、あたりを意識して行こう!と思った。

このレビューは参考になりましたか?

なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話

Posted by ブクログ 2013年12月18日

ビジネスマンとして生きるのに大切な心構え、振る舞いなどがよく整理されていてわかりやすい。
若い社員だけでなく、中堅以上も必読。

このレビューは参考になりましたか?