留学先のニューヨークで目的意識もないまま過ごしていた恭平と篤郎のもとを、意外な人物が訪ねてきた。メッツの日本人ピッチャー、進藤だ。チームメイトにかけられた窃盗の疑いを晴らすために、クラブハウスボーイのアルバイトとして潜入しろという。さっそくメッツのホームスタジアムで働きはじめた二人は、選手の世話で大忙し。大量のユニホームの洗濯と食事の準備に追われている間に、またもや盗難事件が――。海外で奮闘しながら成長していく若者の姿を、活き活きと描いた青春連作ミステリ。文庫化に際して書き下ろしを1編加えた決定版。解説=吉井理人

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
324ページ
電子版発売日
2015年05月22日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ボールパークの神様

Posted by ブクログ 2015年05月31日

ひょんなことからメジャーリーグ・ニューヨークメッツのクラブハウスで働くことになった日本人留学生がチーム内の様々な問題を解決していく短編集。
メジャーリーグの臨場感が伝わってくるような作品でとても興味深く読めた。「さすらいの仕事人」という作品に登場するジャーニーマン・スティーブがよかった。

このレビューは参考になりましたか?

ボールパークの神様

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年07月04日

フィクションということで読むと、メジャー好きにとっては素晴らしい作品。著者の取材力も光る。

一方で、現実の世界ではこんなにトラブルは起きないし、大事な仕事を一番下っ端のクラビーに任せることはないし、そんなに気軽に選手と出かけることもない。関連した業務を囓ったことのある人間の感想。

NYCでうだつ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ボールパークの神様

Posted by ブクログ 2015年06月24日

文庫化にあたり書き下ろし作品が収録されたのでそれ含めて再読。
全体的に爽やかでメジャーの雰囲気が少し伝わってきて面白い作品。ただ主人公は恵まれすぎてると思う。

このレビューは参考になりましたか?