著者はTBSドラマ「天皇の料理番」でも話題の秋山徳蔵氏の弟子である、谷部金次郎氏です。
自身も天皇家の台所で天皇皇后両陛下のお食事を26年間お作りし、陛下の健康と長寿を支えました。
宮内庁に伝わる料理の精神「一物全体食」「身土不二」をもとに、普段使いできる97の和のレシピにしました。
「陛下はどんなものを召し上がっているの?」
「お毒見役はいるの?」などの疑問に答える、
知られざる宮中生活にまつわるコラムも満載です。


●第1章 野菜
揚げじゃがいもの更紗あんかけ/大根の普茶煮/肉じゃが

●第2章 卵、豆腐、乾物
宮中風茶碗蒸し/擬製豆腐/大根と昆布の煮もの

●第3章 肉
アスパラ牛ロース巻きの鍋照り焼き/豚ロースの味噌漬け焼き

●第4章 魚介
鯛の柚子蒸し/秋刀魚とごぼうの梅煮/海老団子のすまし汁

●第5章 寿司、ご飯、丼
鰻の棒寿司/帆立としょうがの炊き込みご飯/萩おこわ

* 宮内庁大膳課のこぼれ話 *
・陛下の普段のお食事はどんなもの?
・普段使いの食器と「おすべり」
・皇室専用の御料牧場
・「宮内庁御用達」と献上品
・大膳課に伝わる料理のこころ

ほか

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2015年05月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

天皇陛下料理番の和のレシピ

Posted by ブクログ 2016年05月19日

お料理の作り方もさることながら、御皇室の方のちょっとしたこぼれ話等も、お料理番目線で語られており愉しい読み物でした。
天皇陛下の日々のお食事は、「御馳走」という言葉から連想される豪勢な食卓ではありませんでしたが、丁寧に作られた料理は写真からもその誠実さが感じられるもので、ご馳走様でしたと云いたくなり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?