「反貧困」を掲げ、格差社会に異議を申し立てた著者渾身の民主主義論。議会政治とは非効率的なシステムでありつつも擁護すべきとの立場から「おまかせ民主 主義」「強いリーダーシップ待望論」に警鐘を鳴らす。文庫化にあたり補章を追加。なぜ私たちは政治家に失望するのか。そして、なぜ私たちは主権者なのに主 権者でないように振る舞うのか。「一強」「暴走」という言葉が目立つ現在の政治状況だからこそ、読みたい一冊。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年05月15日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ヒーローを待っていても世界は変わらない

Posted by ブクログ 2016年02月17日

傑作。こういう本が書きたかったね。
でも、湯浅さんほど社会運動していないから、私には無理か。
私が言いたいことを代弁してくれている本なので、学生たちには絶対にしっかり読ませたい。

このレビューは参考になりましたか?

ヒーローを待っていても世界は変わらない

Posted by ブクログ 2015年03月22日

民主主義の面倒くささ(利害調整の拒否)を放棄するところに、強いリーダーを待望する心象が作られる。自分が何ができるか、できるところから始めなければ、上が変わればという誘惑、堕落は常に押し寄せてくる。はっと目の覚めた文章でした。

・政府も個人もやる気や意欲の問題にするのは安直で見せかけの回答。
・直視...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヒーローを待っていても世界は変わらない

Posted by ブクログ 2018年08月31日

関係調整のコストを担う存在が必要。
ヒーローを求める集団の心理を想像すること。

現実的で、地に足の着いた支援を重ねてこられた方の言葉だと思いながら読みました。

このレビューは参考になりましたか?

ヒーローを待っていても世界は変わらない

Posted by ブクログ 2017年07月20日

年越し派遣村の村長をしたことで知られる社会活動家で、内閣府参与として政府入りした経験も持つ湯浅誠氏による民主主義論。
民主主義は面倒くさくて疲れるものだ。その事実を直視した上で、どうすべきか考えよう。民主主義の活性化のためには、対話が必要であり、そのための時間と空間が必要だ。それらをデザインする力を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ヒーローを待っていても世界は変わらない

Posted by ブクログ 2015年10月13日

引用に残ったことば。
・壊す時には壊す前のその建物がなぜ建てられたかを考えてみよ。(ヨーロッパの格言)
・なぜ私たちは主権者なのに主権者でないように振る舞うのか。
・民主主義は時間と空間、及び、その場の設計、参加とデザイン。
・船長の源泉はイノベーションです。イノベーションは「参加」や「場のデザイン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?