今川義元を討った信長の家臣の数奇な運命

桶狭間の戦いで今川義元の首級を挙げた毛利新介と服部小平太。天下統一を目論む信長の裏で、二人の武将は数奇な運命を辿ることに

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2015年05月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

桶狭間の勇士

Posted by ブクログ 2008年05月15日

桶狭間の戦いで活躍した毛利新介と服部小平太を扱った文庫本。
両者とも知名度はかなり低いですが、こういう本があってもいいかな。

このレビューは参考になりましたか?

桶狭間の勇士

Posted by ブクログ 2007年04月07日

尾張の弱小大名・織田信長の名を一躍広めた史上名高い「桶狭間の戦い」。
敵の総大将・今川義元の首を挙げる大手柄を立てた毛利新介と服部小平太。身分も年齢も性格も全く異なりながらも、友情を結ぶ二人は、桶狭間の戦いでの活躍により、その後、それぞれに数奇な運命が待ち受けていた。

このレビューは参考になりましたか?

桶狭間の勇士

Posted by ブクログ 2006年10月01日

桶狭間の戦いで今川義元の首級を挙げた毛利新介と服部小平太のその後を辿った戦国歴史長編。初っ端に二人にとってのピークである“桶狭間”をもってきて
しまって、その後どう展開するのかとドキドキしながら読む本。
中村氏にはぜひ簗田政綱のその後も辿っていただければと思います。

このレビューは参考になりましたか?