ラクして成果が上がる理系的仕事術
作者名 :

1巻配信中

価格 650円 (税込)

資料を集めはしたけれど、なかなか一行目が書き出せない――企画書や論文をまとめる際の万人の悩みを一気に解決する切り札、それが“アウトプット優先主義”に基づく理系的方法論だ。本書が紹介する「ラベル法」「一望法」「目的優先法」など16個のアイテムを駆使すれば、仕事環境の整備から情報の収集・整理、アイデアのひらめき、そして執筆へと流れるようにステップアップ!「はじめからパソコンに向かうな」「完璧主義は捨てろ」「オリジナリティにこだわるな」など、気分も仕事も快適・爽快、いますぐ使えるテクニック。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
264ページ
電子版発売日
2015年05月01日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2009年08月15日

知的生産
・とにかく書き始める
・仕事はとにかく一目でわかるように
  −クリアフォルダでの分類
・自分を観察するもう一人の自分 -メタ認知と離見の見
・バッファー時間で無意識と語り合う
  −時間を置いてレビューすることで、成果物の品質を向上させる
・オリジナリティとクリエイティビティ
  −クリ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2018年10月09日

2006年5月31日初版

なにげに取った本だったが意外に面白かった。

今までの仕事術の中でも直ぐ使えるもの、かつ、著者自身が使い続けているものをピックアップし、「理系」という視点から解説を試みているもの。

後半には理系があまり関係ないものも見受けられるが、全体としてよくまとまっていると思う。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2014年12月20日

アウトプットを意識した無駄のない仕事術の話が満載でした。久々に読んで良かった、と思えるビジネス書でした。

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2013年10月18日

鎌田先生自身が「役に立たないことを読者に読ませてはいけない、というのが私の変わらざるポリシーなのだ」と書いている通りの本だった。この本で、鎌田先生の本、5冊目だけれど、別の著作も引き続き読むつもり。それだけ、1冊1冊が丁寧に作られ、どれも示唆に富んでいる。すでに多くのアドバイアスを自分で試しているが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月26日

 卒論を書くときの準備である。書く前に読んでおくとためになることが多いであろう。書きやすいところから書け、コピー&ペースト法などいろいろと試してみたいが、なにせ新書なので具体的な方法がなく、イラストが無駄になっているのが残念である。
 2度目に英語の勉強のために読んだが、内容をすっかり忘れていた。

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2011年11月07日

「知的生産の早道は不完全に」「知的消費でなく知的生産を」「オリジナルな仕事をしなければならないというのは強迫観念。」色々心に響くフレーズでした。面白かったです

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2010年03月26日

とてもウマの合う仕事術の本。渡部昇一など知的生産のプロの言葉を引用しながら、自分の方法論も紹介している。アウトプットをとにかくつくってみるとか、カット&ペーストでまねながらクリエイティブを作って、オリジナリティへと昇華させるとか、非常に参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2008年04月14日

ラベル法=とりあえず区別する姿勢、知的生産と知的消費を湧ける
枠組み法=あらかじめ完成形をイメージする。どこが不足していて何を埋めれば完成に近づくのかを、直感的に判断する。これからすべき仕事全体の枠組みを先に与えてしまう。できるところから書き始める。
何本かの仕事を平行してやる。行き詰まったら別の仕...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2006年07月16日

個人的にやっていることもあるけれども、職場に取り入れたいことも数々ありました。
研究者の仕事のかなりの部分は文章を書くことなので、後半はそれに重点が置いてある。

このレビューは参考になりましたか?

ラクして成果が上がる理系的仕事術

Posted by ブクログ 2018年08月14日

京大の名物教授による著書。タイトルに「理系的仕事術」とあるが、内容的には理系も文系もあまり関係なく(半ばこじつけのようにも見える)、また仕事術というよりは知的生産向けの内容である。

「ラベル法」「一望法」など16個の「◯◯法」が紹介されており、一見するとこれらがポイントのように思えるが、これにとら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?