「軍鶏侍」の野口卓、渾身の書き下ろし!

腕利きの鏡磨ぎ師の梟助じいさん。江戸に暮らす人たちの家に入り込み、おもしろい話を披露して、ときには事件を鮮やかに解決します。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2015年05月08日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ご隠居さん
    通常版 1巻 690円(税込)
    「軍鶏侍」の野口卓、渾身の書き下ろし! 腕利きの鏡磨ぎ師の梟助じいさん。江戸に暮らす人たちの家に入り込み、おもしろい話を披露して、ときには事件を鮮やかに解決します。
  • 心の鏡 ご隠居さん(二)
    通常版 2巻 680円(税込)
    「軍鶏侍」の野口卓、痛快人気シリーズ! 落語で培った教養と、さわやかな語り口。情には厚いけれど人に流されない。江戸の街では知る人ぞ知る鏡磨ぎ師、痛快シリーズ第二弾!
  • 犬の証言 ご隠居さん(三)
    通常版 3巻 669円(税込)
    「ねえねえ梟助さん、聞いて聞いて」話し上手で聞き上手の鏡磨ぎ師・梟助じいさんは今日もひっぱりだこ。五歳で死んだ子供が別の夫婦の子として生まれ変わっており、飼い犬が思わぬ証言をした!?という噂...
  • 出来心 ご隠居さん(四)
    通常版 4巻 680円(税込)
    好評シリーズ第四段! 話し上手で聞き上手、梟助さんがまたもや大活躍 梟助が鏡磨ぎに訪ねた医者宅で、隣家に入った泥坊の噂を聞き、落語に出て来る間抜けな泥坊に話は広がり――切なくも可笑しい六篇。 ...
  • 還暦猫 ご隠居さん(五)
    通常版 5巻 739円(税込)
    還暦になったら猫になりたい!? 大好評シリーズ第五弾 得意先の茂兵衛夫婦がひそかに引っ越したときいた梟助。 もしかしてと新居を訪ねてみれば、座敷の座布団に猫が一匹。 還暦になったら猫になりたい、...
  • 思い孕み ご隠居さん(六)
    通常版 6巻 740円(税込)
    嫁いで半年で最愛の夫を亡くし、17歳で後家になったイネ。「死んでも魂は離れない。いつも見守っているからね」という夫の言葉が、いまも忘れられない。ある時、イネのお腹が、ふっくらと膨らんできて……。...

犬の証言 ご隠居さん(三)

Posted by ブクログ 2017年01月15日

1冊目、2冊目と、語り手がいることの必然性に疑念を抱きつつ読んでいたが、3冊目にきて、ついに、というか、いよいよというか、鏡磨ぎが語り手としていることに意味が出てきたように思った。これまでは語り手の語る蘊蓄、鏡磨ぎ職人でなくてもいいんじゃない?と思っていたが、3冊目でつながったように思う。
「幸せの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ご隠居さん

Posted by ブクログ 2017年10月28日

 鏡磨ぎの梟助じいさんが、お得意先で薀蓄とか落語の話とかをする、てお話。
 自分の素性も明かさない代わりに、その家のことや世間の噂も、余計なことに首を突っ込まず、うわさを広めないんだけど、勿体ぶったわりに梟助じいさんの正体は、別にそこまでのことでもなかったかな。
 1つ1つのお話はそんなに長くないの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

心の鏡 ご隠居さん(二)

Posted by ブクログ 2016年12月30日

そう言えば、1作目はなんとなく自分に合わないなあ、と感じたのであった。しかし、どういうわけか、この2作目を購入、読んだのだが、やはり、今一つ、自分には合わないなあ、と感じたのであった。
何が合わないのかなあ。つまり、このご隠居様、鏡磨ぎの梟助さん、この人でなくても話ができてしまうような気がするところ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ご隠居さん

Posted by ブクログ 2016年07月20日

鏡磨きの梟助じいさん。出入りの家の人達からは色々な話をしてくれるからと訪れるのを楽しみにされている。その話の豊富さに、前職は何だったのかと勘繰る人もいるほど。さて、その正体は?

このレビューは参考になりましたか?

ご隠居さん

Posted by ブクログ 2016年03月10日

鏡磨ぎの、梟助じいさんと、話を待ちわびている様々なお客とのやり取りが楽しい。
落語がわかればもっと楽しめたかも。
後半、じいさんの謎が明らかになって、
ちょっと安心した。

このレビューは参考になりましたか?

心の鏡 ご隠居さん(二)

Posted by ブクログ 2015年11月03日

「ご隠居さん」2巻目、松山鏡から婦唱付随迄はまぁまぁ楽しめましたが、夏の讃歌は読んでいて少しの面倒くさくなってしまった。
一番良かったのは心の鏡のでした。

このレビューは参考になりましたか?

ご隠居さん

Posted by ブクログ 2015年09月24日

確かに生い立ちにいろいろあった只者ではないじいさんだった。が、今は話好きのウンチクじいさんである。少し思ってたのと違いました。

このレビューは参考になりましたか?

ご隠居さん

Posted by ブクログ 2015年04月23日

観たり聴いたりした落語と違い読んでいると時々面倒くさいなっと思う箇所がある。
でも、もう一度読もう思っています。

このレビューは参考になりましたか?