メイズ・ランナー

メイズ・ランナー

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

箱の中で目覚めた少年、トーマス。記憶もさだかではなく混乱する彼だが、高い壁の向こうには迷路が作られており、夜間には恐ろしい怪物が現れる。トーマスは、仲間のため、迷路の踏破を目論むことに。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年04月25日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

メイズ・ランナー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年10月03日

    映画「MazeRunner」の原作でシリーズ3部作の1巻です、2015年海外の映画公開より1年遅れて公開された映画であるにもかかわらず、2作目「スコーチトライアル(砂漠の迷宮)」は、海外の公開より1ヶ月遅れにまで間合いを詰めました!1015年の10月23日公開です。

    記憶のないまま主人公が送り込ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    映画を見てから興味が湧いて読んでみた。当たり前だけど、映画よりも詳細な描写で読み応えがある。生き残るためにそこに留まりたいと思う者もいれば主人公のようにメイズに挑み謎を解き抜け出したいと思う者、十代の子供達それぞれが一生懸命生き抜こうとしている様子が読んでいてドキドキハラハラさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月12日

    映画を先に観てから読み始めたせいか、登場人物達の性格(?)や話の流れ方が結構違う事に驚いた。
    トーマスの心情が定まってないというか、気持ちがあちらこちらに揺れ動きすぎていて、読んでてちょっと疲れた、イライラしてしまった。
    キャラクター達の性格はさておき、迷路からの脱出までが映画とは違ったおかげで、同...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月14日

    記憶を失った少年、トーマスがエレベーターでやってきた"グレード"といわれる不思議な空間。そこでは同じく記憶を失った少年達が元の世界に戻るべく奮闘していた。出口につながると思われる巨大な迷路、そこに巣食う怪物"グリーバー"、そして陰謀渦巻く"創造主&...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月05日

    映画の復習になりました。もちろんこっちの方がちゃんと書き込まれてるので、なるほどって納得できました。映画もそうだったけど、最初はちょっと入り込めなかったけど、途中から面白くなる。2巻も映画でよく分からないところがあったので、読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月16日

    映画化された作品なので、手にとってみたら一巻で完結していなかった。しかも、続編の日本語版はまだ出版されていないらしい。。序盤は意味のわからない単語のオンパレードで、主人公同様、混乱が続くが、我慢?して読み進めると面白さが出てくる。続きが気になるところ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています