福家警部補の追及

福家警部補の追及

作者名 :
通常価格 1,731円 (1,574円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

狩秋人は未踏峰チャムガランガへの挑戦を控え、準備に余念がない。勇名を馳せた登山家の父・義之がついに制覇できなかった山である。義之は息子に夢を託して引退、この期に及んで登山隊の後援をやめると言った会社重役を殺害する(「未完の頂上」)。動物をこよなく愛する佐々千尋はペットショップの経営者。血の繋がらない弟は悪徳ブリーダーで、千尋の店が建っている敷地を売ろうとする。そもそも動物虐待の悪行に怒り心頭だった千尋は、弟を亡き者に……(「幸福の代償」)。「この勝負、絶対ゆずれない」食い下がる犯人をとことん追い詰める!手加減しない名刑事、今日も徹夜で捜査する。『福家警部補の挨拶』に始まる、倒叙形式の本格ミステリ第四集。※2014年より配信しておりました「福家警部補 未完の頂上」を改稿した「未完の頂上」を収録しております。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元クライム・クラブ
ページ数
250ページ
電子版発売日
2015年04月20日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    福家警部補シリーズ第四弾は中編2編。TVドラマを観たあとなので、脳内の福家は檀れい以外の何物にもならず(笑。相変わらず外れのない安定したシリーズです。いきものがかりシリーズのあの人も登場して思わずニヤリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    約3年半振りに読んだ第4作目。久々に読んでもテレビドラマの檀れいさんのイメージが残っている。この2作のスペシャルドラマ化があってもよさそう。倒叙ものはどうも犯人側に気持ちが入って苦手なんだけどなあ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月17日

    面白かったけど中編2本という構成のせいか、福家さんの意外な運動神経とか動物に関するところとかが最初からテレビドラマを想定しているように思えた。いや、ドラマでもこれら2本見たいんですけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月01日

    倒叙者が好きなのと福家警部補のキャラで読み心地が良いシリーズです。今回は中編が2つ。脇役まで描くことで広がりを持たせてる。それが要るのかというと、厚みを増すというよりちょっと枝葉の感じはするけど、作品の質に影響があるわけではない。警部補の細かいところの目配せで不自然さを見抜くところが快感です。とぼけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月09日

    ようやく読み終えた福家警部補シリーズ第4弾。中編が2つ収録されているけど、いずれも好作品。しかし、倒叙ミステリーの定めか、どうしてもパターン化しちゃう点が宿命と言えば宿命でしょう。こうしたシリーズの場合、どれだけ犯人に思い入れを持てるかどうかが勝負になるのでしょう。その思い入れが今一歩って感じでした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月20日

    登山ものという著者得意の分野を持ってきて、ますますシリーズ快調。連ドラにもなったけど、『刑事コロンボ』みたいに1時間半~2時間はかけてみっちり実写化されたのを見たいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月27日

    大倉崇裕のいろいろな世界がコラボしている
    山岳ミステリーと福家警部補、容疑者シリーズと福家警部補。
    まさかこの後、白戸修やオチケンが出てくるのかな?
    しかし、福家さん。山登りもボルダリングも玄人はだしとは…
    恐れ入りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月25日

    「未完のピーク」でぶっ飛んだ超人ぶりを見せつけた福家警部補、しかし、一転「幸福の代償」で、なんともかわいい弱点が露見。このバランス感覚、好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月18日

    福家警部補シリーズ第4作目。中編二本。「未完〜」では会う人にやる気を与えてたり、意外や運動神経抜群だったりで、「こんな人だったっけ…」と思い返すことしばしば。「幸せ〜」はむしろ犯人捕まって欲しくなかったなあ…。別シリーズの登場人物が出てたりでちょっとニヤリとした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    狩秋人は未踏峰チャムガランガへの挑戦を控え、準備に余念がない。
    勇名を馳せた登山家の父・義之がついに制覇できなかった山である。
    義之は息子に夢を託して引退、この期に及んで登山隊の後援をやめると言った会社重役を殺害する(「未完の頂上」)。
    動物をこよなく愛する佐々千尋はペットショップの経営者。
    血の繋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍