ひとりぼっちのあいつ

ひとりぼっちのあいつ

作者名 :
通常価格 1,599円 (税込)
紙の本 [参考] 1,998円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

『代償』で山田風太郎賞候補、旬な作家の意欲作!

今の、マジック? 珍現象を目撃した楓太は、その場にいた冴えない中年男がどうにも気になるように。孤独な二人の人生が交差する。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
464ページ
電子版発売日
2015年04月03日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年07月12日

ホットロードが最後にこう効くとは…泣くぜ。
ラストで評価が分かれているようだが、完全に好みですな。
コミック版エヴァもホットロードも好きよ。擁護するべく☆5つにしておく。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月20日

不思議な作品。個人的には嫌いではない。4に近い評価3。特殊能力をもつシャイな主人公が翻弄され続ける人生で見た世界とは。終わり方がスッキリしないがこれがこの作品の魅力かも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月25日

40歳前のホームレスと、25歳のサラリーマン、新宿ですれ違う彼らの人生…

ホームレスの少年時代には、子供だから、とかわいそうに感じるところもあり、その後の成り行きにも同情がありましたが、25歳サラリーマンには、とにかくイライラするだけでした。
読んでいてもスッキリしないとこばかり。
鶴巻という元裏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月16日

颯太を気にかける理由が弱くて、そこまで面倒見なくてもと思う。あまりにダメな会社員で助けたくならない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月20日

楓太のいい加減な性格が好きになれず、春輝の不思議な力にも興味が持てず、最後まで読みきれないかと思ってましたが、真澄の登場当たりから少しテンポが出てきました。
どうやって話が終わるのかと思いきやまさかこうくるとは… 肩透かしなカンジです

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています