江戸の怪談

江戸の怪談

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※この作品には販売期限があります。
2021年06月30日を過ぎると販売を終了致します。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

一途に思う「女の一念」が起こした怪異、親の悪行が子へめぐる「因果応報」の恐怖、予期せず現れる「妖怪変化」に、身近な動物が魔物に変わる「動物変化」、なぜか「笑える」幽霊譚など、江戸の人々が出合った「コワーイ話」の数々を、当時の挿絵とともに、読みやすさにこだわった現代語訳でお届けします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
静山社
掲載誌・レーベル
静山社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2015年05月01日
サイズ(目安)
33MB

関連タグ:

江戸の怪談 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年10月20日

     江戸の怪談を集めて現代語訳した本である。
     ですます調で整えていて、元の文をうまい具合に訳しているようで、味わいのある文も少なくない。
     漢字の読みも多く加えていて、地名にもそのつど現在の地名が補足されている。必ず挿し絵も付けている。丁寧な仕事だ。

     内容的にはシンプルなものが多く、勧善懲悪や仏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月05日

    挿絵も入ってるし、文章も古い感じではなくて新しく読みやすい感じにしてあるので、すいすいと読めます。
    内容に関してはまぁありがちというか王道というか…。
    目新しいようなのはなかったけど、こういった話をあまり知らない人には入門としていいんじゃないかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています