ナンバーセンス ビッグデータの嘘を見抜く「統計リテラシー」の身につけ方

ナンバーセンス ビッグデータの嘘を見抜く「統計リテラシー」の身につけ方

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『ヤバい統計学』著者が放つ、データ過多の時代の基本スキル。
正しい分析と間違った分析をどう見分けるか?
大学ランキングから肥満、個人情報、失業問題、スポーツまで。
今回も“世の中”を題材に、数式を極力使わず、エピソードたっぷりに描く。
ビッグデータが広まるほど、まちがった解釈・分析も広まる。データの嘘を見抜く「ナンバーセンス(数字リテラシー)」の身につけ方、教えます。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年01月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    統計などを見るときに注意しないといけないことが、具体的な事例を使って書いてあってよかった。結局のところ、そのデータがどのように取得されているのかを知り、その条件により、どのようなことが起こりうるのか考えながら、データを見る必要があるのだと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月01日

    統計的センスについて語られた本。ビッグデータが重要だと言われているが、たくさんデータを集めれば自然と因果関係が見つかるというものではなく、正しい結論のためには正しいセンスが必要だというものだ。分析するためには正しい仮説が必要だし、相関関係が因果関係を示すものでないことにも注意することが必要だ。このよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月10日

    様々な事例と共に情報を見たときに感じる「違和感」を大切にしてというメッセージが詰まった書籍。筆者の前著、ヤバイ統計学も読んでみたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月16日

    サブタイトルにあるように「統計の嘘」的な本。
    こういう本にありがちなんですが、若干例示がだらだらと続いて長めです。
    ただ、翻訳が平易なので、読みやすくはあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月09日

    データの本質を見極める力。そうした統計のリテラシーを、本書では「データセンス」と呼ぶ。(pp.274-275、訳者あとがきより)
    いわゆるビッグデータ系、統計系の一冊でした。
    付箋は17枚付きました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年04月05日

    統計やデータ処理の欺瞞的使用について実例をあげて詳述したもの。扱われているデータがロースクールのSAT試験の点数とかグルーポン、アメフトのシミュレーションゲームなど、日本人には関心のない分野が多いため、読む気力がなかなか出にくいかも。

    ・ビッグデータは基本的に、因果関係について何かを語るものではな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています