Tarzan(ターザン) 2021年9月23日号 No.818 [背骨リセット]

趣味・スポーツ・トレンド 13位

  • NEW
  • 最新刊

Tarzan(ターザン) 2021年9月23日号 No.818 [背骨リセット]

作者名 :
通常価格 520円 (473円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※この作品には販売期限があります。
2022年09月08日を過ぎると販売を終了致します。

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

頸椎、胸椎、腰椎 
ゆるめて、うごかして、きたえる!
背骨リセット

肩こり&腰痛、自律神経……、
背骨から、カラダの不調を正す!
表紙は、元新体操選手の畠山愛理さん。

上半身のS字カーブ、描けていますか?
そう言われてもピンとこないのが、背骨の存在。
頸椎(首)、胸椎、腰椎の3部位24個の骨で形成されている背骨は、
重たい頭とカラダを支え、すべての動きの軸となる超重要パーツ。
美しいS字カーブが描けていると、姿勢改善はもちろん、
肩こり&腰痛解消、筋トレ効果もアップ、ケガもしにくくなり、
運動パフォーマンスも向上、さらには自律神経のバランスまで整う、といいことづくめ。
だけど、スマホやPCに向かい合い、悪しき姿勢の日々を送る私たちの背骨は、
S字どころではない乱れ具合。カラダのさまざまな不調を引き起こす源に!
そこで、背骨リセット! 頸椎、胸椎、腰椎の3エリアごとに、
「ゆるめる」「うごかす」「きたえる」エクササイズをたっぷりと披露。
アナウンサー、歌舞伎役者と、背すじのスラッと伸びた方々へのインタビューや、
フォームローラーや椅子、寝具などの背骨に効くグッズも紹介しています。

表紙は、現役引退後も美しい姿勢を保つ、元新体操日本代表の畠山愛理さん。
背骨を正す日常のルーティン、そして実践しているエクササイズも教えてもらいました。

第2特集は、秋のファッション企画。
「INCEPTION」「DENIM@HOME」「ジャケパンの正解」と、こちらも三部作で展開。
『ターザン』らしいアクティブなファッション、ぜひチェックしてみてください。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
マガジンハウス
ページ数
116ページ
電子版発売日
2021年09月09日
サイズ(目安)
60MB

新刊オート購入

Tarzan(ターザン) 2021年9月23日号 No.818 [背骨リセット] のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

Tarzan のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~23件目 / 23件
  • Tarzan(ターザン) 2021年9月23日号 No.818 [背骨リセット]
    NEW
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 頸椎、胸椎、腰椎  ゆるめて、うごかして、きたえる! 背骨リセット 肩こり&腰痛、自律神経……、 背骨から、カラダの不調を正す! 表紙は、元新体操選手の畠山愛理さん。 上半身のS字カーブ、描けていますか? そう言われてもピンとこないのが、背骨の存在。 頸椎(首)、胸椎、腰椎の3部位24個の骨で形成されている背骨は、 重たい頭とカラダを支え、すべての動きの軸となる超重要パーツ。 美しいS字カーブが描けていると、姿勢改善はもちろん、 肩こり&腰痛解消、筋トレ効果もアップ、ケガもしにくくなり、 運動パフォーマンスも向上、さらには自律神経のバランスまで整う、といいことづくめ。 だけど、スマホやPCに向かい合い、悪しき姿勢の日々を送る私たちの背骨は、 S字どころではない乱れ具合。カラダのさまざまな不調を引き起こす源に! そこで、背骨リセット! 頸椎、胸椎、腰椎の3エリアごとに、 「ゆるめる」「うごかす」「きたえる」エクササイズをたっぷりと披露。 アナウンサー、歌舞伎役者と、背すじのスラッと伸びた方々へのインタビューや、 フォームローラーや椅子、寝具などの背骨に効くグッズも紹介しています。 表紙は、現役引退後も美しい姿勢を保つ、元新体操日本代表の畠山愛理さん。 背骨を正す日常のルーティン、そして実践しているエクササイズも教えてもらいました。 第2特集は、秋のファッション企画。 「INCEPTION」「DENIM@HOME」「ジャケパンの正解」と、こちらも三部作で展開。 『ターザン』らしいアクティブなファッション、ぜひチェックしてみてください。
  • Tarzan(ターザン) 2021年9月9日号 No.817 [腸のチカラ]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 食事とエクササイズで 腸からカラダを整える、決定版。 表紙は新井恵理那さん。 腸を整えることはカラダにいいことだ、というのは分かっているけど、 実感できるトラブルを抱えていなければ、そう気にしていない人も多いだろう。 でも、それが運動や筋トレの効果、果ては日々のビジネスパフォーマンスにも 影響を及ぼしていると分かったらどう思うだろうか。 さらには、いまの自分の食生活が子供だけでなく、 孫の代まで関係してくるかもしれないと知ったらどうだろうか。 今回の腸特集は、日進月歩で進化する腸研究の最前線レポートからスタートして、 アスリートのウンチ研究で解き明かされた運動と腸との関係、 腸内環境界のニューカマーとして注目の発酵性食物繊維などをフィーチャー。 腸を整えて、鍛えるエクササイズとしては、 運動不足解消、腰痛対策、そして腹割にも繋がる、3種類の一石二“腸”トレを紹介。 ほかにも、「腸はすべてを司る宇宙だ」と答えてくれた窪塚洋介さんインタビューや、 ドリンク&ヨーグルト商品から導く菌図鑑、最新の腸内細菌検査体験なども掲載。 表紙を飾ってくれたフリーアナウンサーの新井恵理那さんには、 ストレッチと呼吸で腸の位置を正す「YumiCoreBodyメソッド」にトライしてもらった。 あなたの乱れた腸環境を、内と外の両面から、整えて、鍛えて、強くする一冊。
  • Tarzan(ターザン) 2021年8月26日号 No.816 [性学 最新版]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 パートナーのこと、しっかり理解しよう! 性学 最新版 真面目に「性」を深掘り。 異性への理解を深めて、 カラダとココロに効くセックスを! コロナ禍によって、我々のライフスタイルは非常に大きく変化しました。 そんななか性生活にも変化はあったのか。 在宅時間が増え、飲み会もなくなり、 人との接触も減ったなかで、人々のセックスはどう変わったのか。 在宅だからこそセックスレスになったという説もあれば、不倫が増えたという説も。 そんな、今どきのセックスライフを紐解きながら、 真面目に「性」について深掘りして考えていく特集です。 カラダへの効果、性欲の不思議、ホルモンの高め方といった学びから、 妊活、セックスレス、性差、といった気になる話題にもアプローチ。 生理学、心理学、脳科学、社会学、栄養学、自慰学、感染症学といった、 ジャンルに分けて誌面は展開していきます。 センター綴じ込み企画は、『ターザン』ならではの”体育学”。 官能的な「魅せるカラダ」、さらにはセックスの際に思い通りに「動くカラダ」 の両側面からの性力向上トレーニング=筋トレを紹介しています。 セックスライフをより良くするためのエッセンス満載でお届けする一冊。 異性への理解を深めて、カラダとココロに効くセックスへ誘います!
  • Tarzan(ターザン) 2021年8月12日号 No.815 [五輪アスリートが教える!家トレ]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 サッカーU-24日本代表の堂安 律選手をはじめ、 オリンピアンが“秘密”のトレーニングを伝授。 自宅を最高のフィットネス空間へと導きます! 暑い夏、真っ盛り。でも、気持ちよくカラダを鍛えたい。 となると、クーラーの効いた涼しい自宅でのトレーニングで決まりでしょう。 巻頭企画は、オリンピアンが直接教えてくれた、とっておきの家トレをご紹介。 サッカーU-24日本代表の堂安 律選手、柔道・金メダリストの松本 薫さん、 卓球・銀メダリストの吉村真晴選手、水泳・銅メダリストの寺川 綾さん、 柔道・銅メダリストの海老沼 匡さん、バレーボール・銅メダリストの狩野舞子さんが登場。その競技の特性も加味した“秘密”の家トレメニューを教えていただきました。 また最近は、サブスク系のオンライントレや、ハイテク自宅ギア、食事記録アプリなど、 快適な家トレを演出してくる新サービスも人気。 本当はどれが優秀なのか、使えるものなのか、そのあたりの真相にも迫ります。 最新フィットネス機器の誌上お試しは、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの、 武知海青さんと浦川翔平さんに、楽しく実践していただきました。 そのほかにも、センター綴じ込み企画の「悩み別のツボ図鑑」、 夏の完全栄養食や入浴、睡眠にもアプローチ。 トレーニングだけでなく、自宅時間を気持ちいいフィットネスタイムにする、 盛りだくさんの提案でお届けします!
  • Tarzan(ターザン) 2021年7月22日号 No.814 [股関節 ほぐす ひらく まわす]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 疲れにくくなる、使える体幹が手に入る……。 カラダの超重要パーツである股関節を、 「ほぐす」「ひらく」「まわす」の3ステップで整えよう! 大切な部位だって認識はあるけど、皆さん強く意識したことありますか? 股関節は、知っているようで知らない不思議がいろいろ詰まった関節。 ダイエットにも、腰痛などの不定愁訴にも大きく関わっているなど、 実は股関節を整える&鍛えることで得られるご利益は、本当に幅広い。 代謝もアップするし、ランニングのタイムも速くなるし、疲れにくくもなるし。 そんな「股関節」を今回は一冊まるごと大フィーチャー。 まずは、あなたの股関節の状態を、8つのチェックテストで弱点把握。 「ほぐす」「ひらく」「まわす」の3ステップで、まずはしっかりと整えて、 次に股関節周りのターゲット筋を狙った「きたえる」筋トレも紹介します。 アスリートのパフォーマンスと股関節がどう関わっているのかの解説企画や、 ヨガ、バレエ、太極拳などのメソッド別特別レッスン、 最先端ロボット研究から股関節の重要性を学ぶ読み物ページも。 そして、センター綴じ込み企画は、股関節をフル動員させるボルダリングを、 世界的な名クライマー・平山ユージさんが、基礎から外岩アタックまで完全監修。 股関節100%でお届けする特集です。
  • Tarzan(ターザン) 2021年7月8日号 No.813 [脱げるカラダ2021]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 夏に向けての、速攻ボディメイク計画。 目指すは、筋肉がほどよく備わったカラダ。 読者の肉体改造コンテストの結果報告も! 本格的な夏に向けて、今年はいまどきの「脱げるカラダ」像のリサーチからスタート。 「脱げるカラダ」というと、ゴリゴリの筋肉質なカラダをイメージしがちだけど、 そんなマッチョボディは一朝一夕で手に入れることはなかなか厳しい。 目の前まで来ている夏に向けての、速攻ボディメイクを追求するなら、まずは「絞り」。 格闘技トレと食事改革で脂肪をそぎ落とせば、2週間でその効果を実感できるはず。 そして、コンプレックスに感じているパーツをしっかりと鍛えていこう。 いま世の中で支持されているのは、無駄な脂肪を落として、 適度な筋肉感を伺い知れるナチュラルなカラダなのではないかと、提案します。 また、読者応募による「脱げるカラダ」オーディションの結果発表も、この号で! 234名の応募者から、オンライン審査を経て選ばれた、 グランプリ3名と優秀賞4名の肉体美もぜひチェックしてみてください。 そのほかには、トレーナー、経営者などのいいカラダの持ち主のリアルな食事術や、 脱げるカラダに磨きをかける夏のグルーミング術なども紹介しています。 さぁ、夏に向けての短期決戦! 自分のカラダとしっかり向き合ってみよう。
  • Tarzan(ターザン) 2021年6月24日号 No.812 [キング・オブ・筋トレ THE スクワット]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 誰もが認めるスーパーエクササイズを、 あらゆる角度から掘り下げた一冊。 表紙は、サッカーU-24日本代表の三笘 薫選手。 数多ある筋トレのなかでNo.1を選ぶとすれば、どの筋トレ?と、 トレーナー、アスリート、ボディビルダー、はたまた医師にも尋ねてみたら、 間違いなくダントツの1位に輝くのは、そうスクワットだ。 人間が持つ最も大きな筋肉を鍛えられるから、その効果は絶大。 ボディメイクはもちろん、心肺機能だって高まるし、体脂肪も燃えやすくなる、 肩こり&腰痛もリセットされるし、とにかく御利益満載のトレーニングなのだ。 そんなキング・オブ・筋トレを、とことん深掘りした特集。 王道のフルスクワット講座から、ちょっとゆるーいスクワットまで、 バリエーションの広さと効果の奥深さを丁寧に解説した。 表紙を飾るのは、Jリーグで快進撃を続ける 川崎フロンターレの若きエース、三笘 薫選手。 U-24日本代表にも選ばれた彼に、 サッカーとトレーニングについて、ロングインタビュー。 その他にも、お笑い芸人の野田クリスタルさんによる大相撲の「四股」挑戦企画や、 プロレスラーが愛するヒンドゥースクワットの歴史なども紹介。 誰しも一度はトライしたことがあるスクワット、 でもきっと知らないことは数多とあるはず。 ここで知識を得た正しいスクワットが、あなたの明日からのカラダを変えてくれる!
  • Tarzan(ターザン) 2021年6月10日号 No.811 [運動は、なぜ脳に効くのか?]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 エリートが、鍛えているのには理由があった! 運動と脳やメンタルとの関係を解き明かす一冊。 表紙は、現役引退したばかりの福岡堅樹さん。 鍛えることに対する世の中の意識は、確実に高まってきている。 ボディメイクのために、ダイエットのために……、 トレーニングによって、カラダそのものへの変化を実感したい、 そんな初期動機の人が多いはずだ。 ただ、実際に始めてみると、カラダ以外の効果もあることに気付く。 なんか最近、気持ちよく仕事できているなとか、いいアイディアが出せているなとか。 本当に、カラダ以外の部分にも、そんな効果は表れるものなのか。 カラダを鍛えることで、脳やメンタルも強化され、 私達の生活をより底上げしてくれているのか。 カラダを鍛えている人=仕事のできる人、健康体の人、 そのイメージは正しいのか、科学的な根拠とともに、解き明かしていく一冊。 表紙を飾るのは、ラグビー選手を引退して、医学の道に進む福岡堅樹さん。 「ラグビーと勉学。両方あって、ここまで来れた。」と語るスペシャルインタビュー掲載。 その他にも、空間認知能力をアップさせる新メソッド「アニマル・ムーブメント」や、大きな筋肉を鍛えることで脳を活性化させるジムトレ活用術なども紹介、 運動、トレーニングすることでのメリットが凝縮された一冊だ。
  • Tarzan(ターザン) 2021年5月27日号 No.810 [可動性UPストレッチ]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 キーワードは、モビリティ(可動性)。 代謝も、筋トレ効率も、走力もアップ! カラダが変わる、最強のストレッチ。 いまトレーニング界、コンディショニング界での ホットなワードが、「モビリティ(可動性)」だ。 自分のカラダを思い通りに、大きくしなやかに動かせる能力のこと。 柔軟性は、そのモビリティを構成する要素のひとつにすぎず、 モビリティをアップさせることで得られるご利益は、実に幅広い。 太りにくくなる、血行が改善される、ケガをしにくくなる、 運動神経が良くなる、はたまた肩こり&腰痛も解消される……。 今回は、そのモビリティを高めるメソッドとして、 筋膜リリース→静的ストレッチ→動的ストレッチを一連の流れで行う、 「ストレッチ・サーキット」を目的別に多数展開。 肩甲骨、股関節、胸椎などを狙い、カラダの機能を確実に高める内容だ。 表紙を飾るのは、フリーアナウンサーとして活躍する鷲見玲奈さん。 美しいボディに磨きをかけるヨガ・ストレッチにトライしてもらった。 その他、世界一のポールダンサーの独自メソッドや、 ズボラな人でもできる即効性のあるストレッチ……なども紹介、 本気で、しかも手軽にカラダを変えたい人に向けての内容が詰まった一冊だ。
  • Tarzan(ターザン) 2021年5月13日号 No.809 [最速で腹を割る!]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『岩本 照 腹筋は新メンバー? 人生初の集中トレーニング。』の記事は掲載されておりません。 ※『Snow Manも鍛錬中。腹筋太鼓の稽古場に潜入!』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 まずは、食事改革とドローインから、 夏に向けての、腹割大作戦! 効率的に腹を割りたいなら、手順を踏め。 たくさんの種目は必要ない。厳選種目を毎日行うべし。 フッキンだけでは、腹は割れない。 そんな格言から、スタートする今回の「腹割」は、 すぐに始められて、確実に効き目ありがメインテーマ。 1stピリオドは、食事改革と手軽にできるドローインから。 2ndピリオドは、2種の王道フッキンを完全マスターして。 3rdピリオドは、大きな筋肉群をしっかり攻める。 そして最後は、体幹トレで、割れた腹を使える腹に。 この4つの手順がシックスパッドへの最短距離なのだ。 表紙は、『ターザン』で連載を展開中のSnow manの岩本照さん。 Snow manメンバー9名による「腹筋太鼓」にも密着した。 ほかにも、バキバキ50歳の西川貴教さんが読者の腹の悩みに回答してくれたり、 ダルビッシュ有や大谷翔平を育てた伝説のトレーナーによる体幹の使い方や、 最難関フッキンのドラゴンフラッグを成し遂げるまでのチャレンジ企画なども。 自分の腹に自信を持ちたい人、変えたいと感じている人、ぜひ手にとってほしい!
  • Tarzan(ターザン) 2021年4月22日号 No.808 [フィットネスの新・名品図鑑]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 フィットネスの新・名品図鑑 創刊35周年記念号は、最新ギア特集。 総勢350名の読者プレゼントを実施! 35歳・高橋大輔、SPECIALインタビューも。 1986年4月5日号、雑誌『ターザン』がア~アア~(!?)と産声を上げて、今号は創刊35周年の記念号。メインの特集では、最新の機能とデザイン性を誇る名品の数々を一気に紹介します。フィットネスとウェルネスに精通した各界の目利きと編集部によって結成された「新・名品選定委員会」が選び抜いた、35の「新・名品」の数々。また、クライマーの楢崎智亜さん、バスケットボールの富樫勇樹さんなどのアスリート、星野リゾート代表の星野佳路さんなどの起業人たちの極私的な名品も登場します。 35周年記念として、読者プレゼントも実施。有名トレーナーのパーソナル体験、ジム付き一流ホテル宿泊、自宅トレマシン&ギア、ビームスとのコラボによるオリジナルTシャツなど、350名分をご用意しました。 表紙を飾っていただいたのは、『ターザン』と同じく今春35歳を迎えたフィギュアスケートの高橋大輔さん。シングルからアイスダンスに昨年転向した経緯と、それに伴う肉体改造……もちろん2022年の北京への想いもインタビュー。スタジオ撮影だけでなく、筋トレの現場にも潜入して1時間半強のノンストップトレーニング、さらにはアイスダンスのパートナーである村元哉中さんとの氷上レッスンにも密着しました。カラダも技術もまだまだ進化する高橋大輔さんの魅力に溢れた、センター綴じ込み企画です。 賑やかな要素、盛りだくさんでお届けする記念号、ぜひチェックしてみてください。
  • Tarzan(ターザン) 2021年4月8日号 No.807 [世界一効率のいい時短トレ 話題のHIIT攻略BOOK]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 世界一効率のいい時短トレ 話題のHIIT攻略BOOK 1日たった4分で、体力3割増! 日本発のインターバルトレーニング。 あの金メダリストも、あの海外セレブも、あのYouTuberも実践している、 世界のトレーニング界で、いま最大のトレンドが「HIIT」。 「HIIT」とは、High Intensity Interval Trainingの略称で、 高強度インターバルトレーニングのこと。 20秒トレーニング、10秒レスト、20秒トレーニング、10秒レストを繰り返し、 トータル4分間と短い時間で効果を実感できるトレーニングメソッドだ。 短い時間で効果が上がるトレーニングだから、もちろん各20秒の中身はハードで濃い。 どこまで、自分を追い込めるのか、自分を甘やかさずに4分間を全うできるのか、 すべてはそこに掛かっていると言っていい。 初級、中級、上級と3段階レベル別の「HIIT」を用意したので、 体力テストで導かれた自分のレベルに合わせて、ぜひチャレンジしてほしい。 柔道家の阿部一二三選手にも、特別インタビュー。 また、本誌読者限定での人気ジム1日体験モニター200名も大募集。 200名のうち35名は、なんとパーソナルトレーナーの指導も受けられる! ぜひ、こちらもチェックしてみてほしい。
  • Tarzan(ターザン) 2021年3月25日号 No.806 [痩せ体質になる、代謝アッププラン10。 ]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 加齢や体質と諦めることなかれ。 代謝アップで「痩せ体質」になる! 大いにカラダを動かし、心地よい汗をかき、しっかり食事を摂る。 全身に力が漲っていたあの頃は、遠くになりにけり。 今では何をするにも疲れやすく、太りやすくなってしまった。 加齢で代謝が落ちるのはしょうがない。 そもそも、自分は代謝が悪い体質ではなかったか。 などと、諦めてしまったら、そこで終わり。 何歳でも、代謝のいいカラダになれる! そのために、今すぐできる「10のプラン」を紹介しよう。 以下、主なプランだ。 ・朝活で体内時計をリセット。 ・大筋群と埋蔵筋を鍛える。 ・いい腸内細菌を育てる。 ・1日1.2リットルの水分補給。 ・肝臓の脂肪をカット。 いっぺんに欲張らずとも、できることから着手すればよし。 力漲り引き締まったカラダを取り戻し、 生き生きと、前向きな日々を過ごそう!
  • Tarzan(ターザン) 2021年3月11日号 No.805 [彫りの深い上半身の作り方。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 深彫りトレで、筋肉の「カット」を出す。 ハンサムな上半身は最速で、君のもの! ハンサムを形容する言葉でもある「彫りが深い」。 通常、その後には「顔」という名詞が来るが、 今回は「上半身」。そう、ボディメイクの話だ。 ただし、いわゆる筋肥大とはベクトルが異なる、 筋肉と筋肉の「境目」にフォーカスしたトレーニング。 筋肉の「山」を作るには、やはり時間と根気がいる。 そもそも、欲しいのは大きさではなく、筋肉の陰影。 「キレとメリハリで魅せるカラダ」ではなかったか。 願わくは、ラクに、最速で理想の肉体を手にしたい。 ならば、2つセットの自体重トレで「境目」を深彫りすべし! ほどなく筋肉の「カット」が際立つ、ハンサムボディの出来上がり。
  • Tarzan(ターザン) 2021年2月25日号 No.804 [糖質のトリセツ。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 摂り過ぎも、摂らないのも肥満のもと。 糖質の「適量」を知って、二度と太らない! 角砂糖72個分!  これは、日本人が1日に摂る平均の「糖質量」だ。 「想像以上に多い」が正直な感想だろう。 では、糖質の「適量」はどれくらいなのか。 ずばり、「これがベスト」というものはない。 活動量や体質によって、適量は決まるからだ。 糖質、脂質、タンパク質という3大栄養素の中で、 通常は糖質が全カロリーの過半数を占めている。 つまり、カロリーカットを考える際、 鍵を握るのは糖質になるということだ。 糖質過多なら即カットしたいが、減らし過ぎはNG。 一時の体重減はあっても、リバウンドや不調を招く。 健康的に痩せるためには、食生活を見直しながら、 角砂糖39個分を目指して、自分の適量を把握する。 今回は、食習慣のタイプ別に「適量」のルールを伝授。 これでもう、糖質に振り回されない。 無理なく痩せ、理想体重をキープして、二度と太らない!
  • Tarzan(ターザン) 2021年2月11日号 No.803 [肩こり・腰痛、実はココを押す、伸ばす。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 肩こり・腰痛を根本からケア。 原因は患部だけではない! 2021年になっても、日本人の悩みは変わらない。 男性の1位が腰痛で、2位が肩こり。 女性の1位が肩こりで、2位が腰痛。 ステイホームの影響で、運動不足に陥り、 肩こり・腰痛に苦しむ人はさらに増えた。 なぜ、ともに慢性化して、一向に良くならないのか。 その理由は、こりや痛みを発する「患部」にばかりこだわり、そこをただ押したり、揉んだり、伸ばしたりしているからだ。 実は、肩こり・腰痛ともに、患部以外の場所にも原因があり、 そこを攻めると症状が軽くなることが多い。 まずは、自分の肩こり・腰痛の特徴を見極めること。 そして、タイプ別の「簡単ケア」で、積年の悩みを根本から解消。 快適なカラダを取り戻して、希望の春を迎えよう!
  • Tarzan(ターザン) 2021年1月28日号 No.802 [内臓脂肪はすぐ落とせる。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 年末年始に増えた体重、その正体は内臓脂肪! 短期で付いた脂肪は、サクッと落とせる。 特別な1年が終わり、2021年がスタート。 例年通り、年末年始は食べて、寝て、また食べて。 正月くらい、自分を甘やかしたっていい。 結果、体重は増え、お腹まわりに余分な肉が……。 その正体は、ずばり内臓脂肪。 短期で付いてものだから、そのまま放置せず、 サクッと短期で落とすべし! さて、何から始めればいいか。 まずは、脂肪の前に余分な水分を抜こう。 睡眠不足や猫背をやめよう。これならすぐできる。 次は5分筋トレか、具だくさんスープの朝食か。 「正月太り」解消メソッドは21ある。 ライフスタイルに合わせて選べばいい。 できることから着手し、なんなら複数のメソッドを 組みわせて最短で痩せようじゃないか。 ここに断言しよう。内臓脂肪はすぐ落とせる!
  • Tarzan(ターザン) 2021年1月14日号 No.801 [黄金率ボディの作り方。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『Sexy Zone 菊池風磨の“黄金律”ボディ。』の記事は掲載されておりません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 格好いいカラダの「黄金率」。 2021年、「菱形体型」を目指せ! 毎年恒例のカラダ改造計画のテーマは、ずばり「黄金率ボディ」。 「格好いいカラダ」を漠然と追いかけるのは、もう終わり。 歴代表紙モデルの肉体を計測して導き出した「黄金率ボディ」。 逆三を超える「菱形体型」を目指そう! これこそが、最先端かつ究極のカラダだ。 表紙を飾る、菊池風磨さんのボディも見事な菱形。 誰もが見惚れる、黄金率ボディである。 大切なのは「絞る」と「盛る」のロードマップ。 体脂肪別プログラムを紹介しているので、 「今の自分」がフォーカスすべき部位や筋肉が明快にわかる。 食事は「絞るめし」と「盛るめし」に分けて提案。 簡単&美味しいレシピで、カラダづくりをサポート。 2021年、黄金率ボディを手に入れ、輝ける1年にしよう!
  • Tarzan(ターザン) 2020年12月10日号 No.800 [自体重トレは6つ正しくできればいい。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『岩本照が語る、自体重トレーニングの大切さ、その魅力。』の記事は掲載されておりません。 ※『BIG6まずはここから、のベーシックプログラム。』の岩本照さんの写真は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 自体重トレは、シンプルで究極の筋トレ。 「新BIG6」で全身の筋肉は美しく整う。 自宅トレの王道は、言わすと知れた自体重トレ。 ウデタテ・フッキン・スクワットのいわゆる「BIG3」でOK? いや、800号を契機に、「新BIG6」を提言したい。 スクワット・ロールアウト・プッシュアップ・ハンドスタンド・ブリッジ・クランチ。 この6種目を行えば、全身の筋肉は美しく整うだろう。 大切なのは、効かせたい部位に、確実に効かせること。 「正しいフォーム」こそが、最高の効率的メソッドと断言したい。 いかにして、6つの自体重トレを正しくやるか。 表紙で精悍な肉体を披露してくれた岩本照さんが「お手本モデル」となって、 基本のフォームをしっかり分かりやすく教えてくれる。 ベーシックが身につけば、強度のバリーションは自在。 それもまた、自体重トレの優れたところだ。 「新BIG6」を完璧にこなして、目指せ、岩本照ボディ!
  • Tarzan(ターザン) 2020年11月26日号 No.799 [【決定版】家庭の予防医学。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 「一生健康」なんて、カンタンだ! 家庭でできる、最新の予防メソッド。 病に罹りケガを負ったら治す。 これはすでに時代遅れの考え方だ。 マスクに手洗い、手指の消毒。 新型コロナウイルスの予防が習慣化した今、 さらに裾野を広げた「予防医学」に努めよう。 生活習慣病を寄せ付けない、 「適正」な体重・体脂肪をキープする食事の科学。 いつまでも颯爽と歩くために、 重要な下半身の筋肉量を「貯筋トレ」で養う。 自覚できない「勤続疲労」を解消、 骨と関節のメンテナンス術。 実は「長寿の源」だった! 脳腸相関を生かすための知恵。 「一生ものの健康」を手に入れるのは、 いつかではなく「今」このとき。 明日の自分のために、備えは怠りなく。 まずは「片脚立ち上がり」で簡単チェック。 あなたの筋肉量、足りてますか? 特別企画「専門家3名の提言! 新型コロナウイルス、万全の予防・最善の対策」も。
  • Tarzan(ターザン) 2020年11月12日号 No.798 [体脂肪燃焼ランQ&A。]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『小瀧 望(ジャニーズWEST)ランニングは気持ちがいい!』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 “痩せラン”の疑問をすっきり解決。 気持ちよくて、きっとクセになる! 体脂肪を燃やす手段として、ランほど相応しいものはない。 まず、カラダひとつでできる。思い立ったらすぐ始められる。 最初はラクな心持ちで、信号待ちで息を整えながら走ろう。 目線を真っ直ぐ前に保つ。意識するのはそれくらい。 三日坊主で挫折したら、また新たな“初日”を迎えればいい。 今日より明日、距離やタイムを更新するのが理想だけど、 そこは焦らず、一進一退でOKとする。 続ければ、ランの快感に目覚める “瞬間”が必ずや訪れる。 走ることが習慣、いや“クセ”になる。 自ずと体脂肪が燃焼し、カラダは健康的に引き締まるだろう。
  • Tarzan(ターザン) 2020年10月22日号 No.797 [最新 疲労回復TIPS65]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※『筋肉吟遊詩人・岩本照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 「寝る」と「食べる」をアップデートして、 軽快に2020年のラストスパート! スカッとするような出来事がなくて、 春が来ても、夏が来ても、秋が来ても 疲ればかりが溜まっていく。 あ~、とにかくスッキリしたい! 疲弊したカラダと心を立て直すには、 生活の根幹にある「寝る」と「食べる」を 科学的にアップデートするのが近道。 ・20分間のパワーナップで「睡眠負債」を解消。 ・ビタミンACE +イミダペプチドで「体内酸化」を防ぐ。 ・短鎖脂肪酸のチカラで「大腸劣化」を改善する。 ・疲れの発火点「トリガーポイント」をリリース。 などなど、今すぐできる65のTIPSを紹介。 1つだけでもTIPを取り入れたら、 明日はきっと今日より体調がいいはず。 すっきり疲労回復してください!
  • Tarzan(ターザン) 2020年10月08日号 No.796 [ヨガ&ピラティス@ホーム]
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。 ※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 カラダを芯からほぐし、強くする! 心も整える、家トレ新習慣。 ヨガとピラティスは女性のもの。そんな考えは今すぐ手放してほしい。 テレワークによる腰痛に肩こり、半おこもり生活のイライラもやもや、 これらを解消する最適メソッドがヨガ&ピラティスなのだ。 どちらも難しい? スタジオじゃないとできない? そもそもカラダ硬いから無理でしょ? その先入観もまた、即刻捨て去ってほしい。 自宅で、ひとりで、好きな時間に実践するために、 見るだけでポーズができる「図解・目的別メソッド集」を用意した。 運動不足の人も、自体重トレ派も、まずはトライしてほしい。 その気持ち良さ、解放感。今まで体感したことのない未知の世界を! これもまた、ヨガとピラティスの大いなる効能なのだ。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています