依存症ビジネス

依存症ビジネス

作者名 :
通常価格 1,595円 (1,450円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

iPhone、フラペチーノ、危険ドラッグ、お酒、フェイスブック、アングリーバード、オンラインポルノ……。私たちは、なぜこうも簡単に「病みつき」になるのか?人の欲、依存心、意志の弱さにつけ込むテクノロジーを駆使した「依存症ビジネス」の最強最悪のビジネスモデルを、元アルコール依存症のライターが暴く!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2014年10月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

依存症ビジネス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    これだけ「各種依存症」になりやすいのは、一にも二にも世の中が便利になったからに他なりません。
    ネットを開けば、簡単にゲーム、ポルノ等の広告を見ることができます。街を歩けば、コンビニが目と鼻の先にあり、
    そこには、魅力的なお菓子、アルコール類が、所狭しと置かれています。

    便利な環境は、不便な環境より...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月02日

    依存症は病気ではなくて、環境がかなりの影響を与えるという説は、アルコール依存症だった著者の体験から基づいているので説得力がある。アメリカでドラッグ依存症になるのは結構簡単そうなのが怖いね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月17日

    日本の依存症を扱う本というと、依存症は病気だという本、依存症の治し方の本がほとんどだと思う
    その中でこの本は少し違った切り口から依存症を描いていて、とても勉強になった。

    特に、依存症は行為そのものよりも、欲しいという欲求を持った時が一番。という話にはとても共感した。

    ギャンブルは予想している時が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月22日

    依存はスペクトルであり、人は皆どこかに位置しているので、依存症という病気は存在しない。
    欲しいという感情に敏感に反応することで人間は進化してきたが、欲望を刺激するものが増えてきた社会ではその能力は悪用されてしまう。

    依存にまつわる色んな話が書かれた本。
    今の広告とかも大概人間の「欲しい」という感情...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    "アルコール、薬物、糖分、ネットゲーム、オンラインポルノなどわれわれが夢中になりすぎて、社会生活を送れなくなるほどに依存してしまうものをつぶさに紹介している。
    テクノロジーの進化とともに生まれた弊害の一つともいえる。
    化学の進化がより純度の高い薬物や、脳内に幸福感をもたらすものを薬として販...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月25日

    依存症は、手に入れやすい、中毒性がある、簡単にできるの3つがポイント。
    現在のビジネスはみなこの変形。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月16日

     世の中には、つい手に取ってしまいたくなるものがある。それは、スイーツ、課金式ゲーム、ソーシャルネットワーキング、酒、ポルノ、ドラッグなどだ。

     危険というとつい浮かんでくるのが「白い粉」だ。もう何回も逮捕されて人生の再生どころでない有名人が人生の反面教師の代表になってしまっている。あの白い粉の怖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月22日

    iPhone(Mac)、カップケーキ、スタバのフラペチーノ、facebook、ドラッグ、アルコール。なぜやめられないのか。著者はアル中を克服した経験があるようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月10日

    ○アメリカにおける依存症ビジネスの実態と、そのメカニズムを描いた作品。
    ○依存症としてイメージしやすいドラッグやギャンブルだけでなく、iPhoneやSNSといった、身近で誰もが使っているものであっても、実は依存症の恐れがあるということを知り、大変興味深かった。
    ○新しいテクノロジーやビジネスは、どれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月01日

    著者が自分の体験から感じたことを、話している。それが、私の体験からも共感できるので、裏付けが弱くても共感して読める。
    消費を加速するために企業が行う様々な手段。それにより、私たちは欲望を操られて…日々の生活で感じていたことなので、より心配が増す。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています