長閑の庭 7巻
  • NEW
  • 完結
  • 最新刊

長閑の庭 7巻

作者名 :
通常価格 453円 (税込)
紙の本 [参考] 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

榊教授(64歳)への感情は恋ではないと、本人から何度も否定され続けていた元子(23歳)。初めての恋に戸惑いながら、喜び、苦しみ、成長してきた元子は、それでも変わらず榊が好きだと告げ、榊はようやく受け入れる。しかし、恋人同士になった幸せを噛みしめたのも束の間、榊に病が発覚! 正しい答え、本当の幸せ、恋の定義……考え抜いて、元子と教授の出した答えは!? 年の差 恋愛未満ストーリーついに完結!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2019年05月13日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB

「長閑の庭 7巻」のユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

ひっきー 2019年05月13日

表紙を見ただけで、これは教授死ぬなぁーって思いました。
年の差を考えると遅かれ早かれその時は来るわけですが、あまりにも早い。
最期の時まで寄り添う2人が幸せそうで泣けてきました。
でも、そんなことより何よりも、推しメン田中さん惚れ直しました。
好きな人の幸せのため身を引くだけでなく背中を押し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

読んで良かったです。

あひる 2019年05月17日

もう涙が止まりません。
何となく、こういうラストになるのではと想像はしていたけれど、もう少し幸せそうに関係を築いていく2人を見られると思っていたので寂しくも悲しくもあります。
夢中になって読んでいまいました。
6巻、7巻はずっと涙が止まらず。。。
最期まで寄り添っている2人を見たかったです。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

書店員のおすすめ

ドイツ文学専攻で大学院の修士課程に通う主人公は、地味な見た目と性格から、ドイツ語で“黒い”を表す形容詞shwarzに“さん”づけで「シュバルツさん」と呼ばれている。そんな彼女は、自分の論文を読んで「君の日本語は美しい」と言ってくれたドイツ文学教授に憧れているのだが、彼は64歳。ふとしたきっかけから教授に好意を打ち明けると、「君のそれは恋ではない」と否定され、主人公は考え込んでしまう…。
若いときは若いときで、そして年を取ったら取ったで、「自分が人からどう見られているか」ということに右往左往させられてしまう、ということはありますよね。私に好意を向けてくれているこの人が何だかステキに見えてきたとか、子どものときからしっかりしていると言われてきたのでしっかりしていなければならないと思っていたとか、本当はスポーティな服が好きなのに背が低いからやめておこうとか、自分の思考でさえ、他人の影響を受けないことは難しいと思うのです。
この作品では、若い主人公だけでなく、人生をとっくに折り返したはずの教授も、登場人物がみんな試行錯誤しています。何が恋で何が恋じゃないのかを知りたい人だけでなく、「私」っ ...もっと見る

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!