終極 潜入捜査
  • 値引き
  • 最新刊

終極 潜入捜査

作者名 :
値引き価格 362円 (税込) 6月27日まで
通常価格 518円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

企業要人テロをもくろむ暴力団の裏ネットワークを断て! 廃棄物の不法投棄で摘発された解体業者・保津間興産は、毛利谷一家の企業舎弟。一方、融資で毛利谷一家と揉めていた銀行の支店長が射殺された。背後には、暴力団によるテロ・ネットワークの存在があり、その中心が保津間興産だったのだ。しかも保津間興産へ潜入捜査をする元マル暴刑事・佐伯涼の身元が割れ、報復の罠が仕掛けられる……。緊迫の「潜入捜査」シリーズ最終弾。

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年10月10日
コンテンツ形式
EPUB

「終極 潜入捜査」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年01月03日

今度こそ佐伯はダメかと思ったけど、やはりチームワークで乗り切った。所長の動きになんか、深刻な場面なのにクスリと笑いを誘われる。そして、まさかの結末・・・。これでこのシリーズが終わるなんて悲しい。また、続きをどこかで書いてほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月29日

今野敏による潜入捜査シリーズ最終巻。
最終巻というだけに、これまで思わせぶりにしてきたもろもろの謎に一定の説明がつけられる。内村所長の正体や佐伯に求められる資質など、これまでの作品で描かれていた言動が本作で一応の収束を見る。
とは言いながらも、本シリーズに特徴的な暴力団との対決シーンはいつものように...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月06日

作家さんへの依頼はバイオレンス
作家の書きたいのは警察小説
だから潜入捜査シリーズは、当時
聖王獣拳伝シリーズだったとか・・・
終わりました(T_T)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月24日

「潜入捜査」シリーズの完結編、「環境犯罪研究所」は解散してしまった、残念。
しかし、「危機管理対策室」が発足するようだ。ここを舞台に、また、佐伯、内村、白石景子、あるいは井上美津子、奥野等が活躍できるよう、今野敏先生にお願いしよう。
とりあえず、未読の4作、5作を読もう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月01日

格闘技にはまったく興味がない。
TVでも見ることはないし、もちろん実際にも見たことはない。
知識のない者が読んでもどんな闘いをしているのか、とてもわかりやすく格闘場面が描かれていた。
もっとも、それほどまでに詳細な描写が物語に必要だったか・・・というとあまりそうは思わなかった。
内村のキャラクターが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!