臨界 潜入捜査

臨界 潜入捜査

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第5弾。三重県の原子力発電所で事故が発生し、外国人不法就労者が死亡。だが所管省庁や電力会社も、労働力を不法供給する暴力団を使って隠蔽工作に走る。佐伯が迎えうつのは、今までにない最大の敵、国家と原発だった。さらに彼の前に、中国拳法を自在に操る無敵のヤクザが立ちはだかった。

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年10月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

臨界 潜入捜査 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    潜入捜査シリーズ第5弾。いやあ〜これは潜入捜査なのか(^-^)すぐにバレちゃうし(^。^)20年以上前の作品なのに古さを感じさせないのは原発の問題が何も変わっていないという事なのか?完結まであと1冊。内村所長の目論見はハッキリするのか楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月29日

    今野敏による潜入捜査シリーズ第5弾。
    今度の環境犯罪は原発がらみ。原発作業員の問題や周辺環境の話を織り交ぜながらそこにヤクザが絡むことで起こるトラブルに佐伯が関わっていく。
    そもそも原発の安全性は様々なところで取りざたされているが、炉内での清掃作業や修理などを請け負う作業員は危険を伴うためになり手が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月12日

    潜入捜査シリーズ5作目。

    今回は原発問題。20年前に書かれたものなのに、今現在、至極タイムリーな内容と言える。解説で書かれている通り、福島原発のことがなければ、たとえ原発問題を認識していたとしても、電気が必要なんだから反原発は難しい、推進も仕方ない、という考えを当然とし、問題をスルーしていたかもし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月29日

    テーマは原発。そこはいい。そうか、実際の世の中もきっとそういうことで推進派がいるんだなと思わされた。

    ただ、最後の方の勝負、あんなに手強かったはずの相手がこんなにあっさり負けるもの?!その後どうなったの?がモヤモヤした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    潜入捜査といいながら、すぐに正体を現してしまうストーリーには、ちょっと?の感がある。
    しかし、反原発で参院選に立候補したことのある作者らしい、原発をテーマにした作品で、原発について考える一助をなるのではないか。
    ここでの、作者の立場は、原発絶対反対ではなく、その周りに巣くう闇を告発する作品となってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

潜入捜査 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 潜入捜査
    528円(税込)
    ヤクザが支配する環境犯罪に囮捜査は功を奏すのか。非情な手段でヤクザを叩きのめす、マル暴刑事・佐伯涼は突如、警視庁から異動を告げられる。拳銃も手帳も取り上げられた佐伯の行先は「環境犯罪研究所」。所長の内村は、産廃不法投棄に暴力団が関わる事例を説明、佐伯の力を必要とする。佐伯家の祖先に始まり、佐伯自身も身につけている武術「佐伯流活法」を生かし、暴力団が支配する運送会社への潜入が...
  • 排除 潜入捜査
    528円(税込)
    海外進出企業に巣くうヤクザに元マル暴刑事の鉄拳が迫る! 拳銃も手帳も取り上げられた元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、「潜入捜査」シリーズ第2弾。日本の商社が出資した、マレーシアの採掘所の周辺住民が白血病に倒れた。反公害運動封じ込めのため、暴力的な見せしめを住民に行なう日本のヤクザに、佐伯の怒りが爆発する。見せしめを続ける者たちの正体は、佐伯の宿敵・泊屋組の若衆頭。佐...
  • 処断 潜入捜査
    528円(税込)
    法の網をかいくぐり密猟を行うヤクザを叩け! 元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第3弾。岐阜山中で野鳥密漁がなされ、背後にいるのは、佐伯の宿敵・坂東連合傘下の艮(うしとら)組であった。組長の鬼門は、暴対法逃れのため代紋を外してはいたが、実態は経済ヤクザに過ぎない。姑息な艮組の凶暴な三人組に対し、さらに研ぎすまされた佐伯の古代拳法が唸る――。
  • 罪責 潜入捜査
    528円(税込)
    平凡な一家を蹂躙するヤクザに、佐伯の怒りが爆発する! 元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第4弾。小学校に不法投棄された使い捨て注射器で、子供がB型肝炎に感染した。廃棄物回収業者の責任を追及する教師の家族にヤクザの暴力が襲いかかる。教師は命を奪われ、長男は自動車事故、高校生の長女は監禁、強姦――激しい怒りに駆られた佐伯は、古代拳法を武器にヤクザに闘いを...
  • 臨界 潜入捜査
    528円(税込)
    元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第5弾。三重県の原子力発電所で事故が発生し、外国人不法就労者が死亡。だが所管省庁や電力会社も、労働力を不法供給する暴力団を使って隠蔽工作に走る。佐伯が迎えうつのは、今までにない最大の敵、国家と原発だった。さらに彼の前に、中国拳法を自在に操る無敵のヤクザが立ちはだかった。
  • 終極 潜入捜査
    528円(税込)
    企業要人テロをもくろむ暴力団の裏ネットワークを断て! 廃棄物の不法投棄で摘発された解体業者・保津間興産は、毛利谷一家の企業舎弟。一方、融資で毛利谷一家と揉めていた銀行の支店長が射殺された。背後には、暴力団によるテロ・ネットワークの存在があり、その中心が保津間興産だったのだ。しかも保津間興産へ潜入捜査をする元マル暴刑事・佐伯涼の身元が割れ、報復の罠が仕掛けられる……。緊迫の「潜入...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

潜入捜査 に関連する特集・キャンペーン