排除 潜入捜査

排除 潜入捜査

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

海外進出企業に巣くうヤクザに元マル暴刑事の鉄拳が迫る! 拳銃も手帳も取り上げられた元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、「潜入捜査」シリーズ第2弾。日本の商社が出資した、マレーシアの採掘所の周辺住民が白血病に倒れた。反公害運動封じ込めのため、暴力的な見せしめを住民に行なう日本のヤクザに、佐伯の怒りが爆発する。見せしめを続ける者たちの正体は、佐伯の宿敵・泊屋組の若衆頭。佐伯の古代拳法と、ヤクザとの死闘が始まった――。

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年10月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2016年06月29日

    今野敏による潜入捜査シリーズ第二弾。
    本作の主な舞台はマレーシア。日本企業によるゴルフ場建設や森林伐採などが問題視されていたバブル期の時代背景が垣間見える作品となっており、その裏に暗躍するヤクザたちとそれに対抗する佐伯たちとの戦いが描かれる。
    物語としては前作同様、格闘シーンに重きが置かれている印象...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月09日

    前作の一部のような・・・ついにアイツと
    決着がつきました
    主人公は登場時に比べて大人になったというか
    対応が果断じゃなくなった(悩み中?ぶれるな!)
    その分悲劇ドラマも起きたりする

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月08日

    2011/8/5 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2012/2/7〜2/8
    元マル暴刑事、佐伯涼が活躍する潜入捜査シリーズ第二弾。今回はマレーシアで新市が問題を引き起こす。それを追って佐伯と白石景子はマレーシアに渡る。
    今回も手に汗を握る格闘シーンが味わえる。ワンパターンと言えばワンパターンであ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月20日

    今度はマレーシアが舞台。タイトルイメージとはだいぶ違うが、気楽に楽しめる。佐伯周りの人間関係の変化も楽しめる。ただし、描写はかなり暴力的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月21日

    佐伯シリーズ。
    今回の舞台は海外で、でも相手はやはり暴力団。
    村人への痛めつけ方がひどくて、描写だけで顔をしかめてしまったほど酷かった。次を早く読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月22日

    マレーシアに行っちゃった。
    確かに先進国って外に出て行ってその地の大切なものを金儲けのために壊しちゃったりするんだろうなぁ。
    村の人と団結したところはジーンと来た。
    続きものみたいだから次もよみたいな。
    秘書との仲が縮まってるけど、20歳のガールフレンドはどうした?!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月22日

    シリーズ第2作。

    コッテコテの上にさらにコッテリとした“ステレオタイプなヤクザ像”に、失笑。

    執筆されたのが20年以上前だと考慮すれば、許せる範囲内。

    極端にデフォルメされた(まあ、“芯”は
    外してないのだろうけど)環境犯罪の描き方も、どこか引っ掛かるものは残るが……ある意味では分かりやすい勧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月14日

    潜入捜査シリーズ2作目。今作はマレーシアが舞台。

    警察モノと言うよりかはアクションモノ。相変わらず格闘シーンが細かい。防諜班シリーズと言い、元マル暴VS暴力団で今後もパターン化されていくのだろうと予想されるが、むしろ主人公たちの出自の関係や内村所長の目的が気になる。元は古い作品なので、今と比べると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月04日

    潜入捜査シリーズ 第2弾。

    軽くさらっと1日で読めます。

    元マル暴刑事・佐伯とヤクザの描き方がパターン化してしまった。でも吸い込まれるように面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    古武道を駆使してヤクザをやっつける刑事の話。海外に進出して環境問題を引き起こしているヤクザを退治に環境庁に出向している刑事が活躍するのですが、ちょっと話としては物足りないです。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 潜入捜査
    528円(税込)
    ヤクザが支配する環境犯罪に囮捜査は功を奏すのか。非情な手段でヤクザを叩きのめす、マル暴刑事・佐伯涼は突如、警視庁から異動を告げられる。拳銃も手帳も取り上げられた佐伯の行先は「環境犯罪研究所」。所長の内村は、産廃不法投棄に暴力団が関わる事例を説明、佐伯の力を必要とする。佐伯家の祖先に始まり、佐伯自身も身につけている武術「佐伯流活法」を生かし、暴力団が支配する運送会社への潜入が...
  • 排除 潜入捜査
    528円(税込)
    海外進出企業に巣くうヤクザに元マル暴刑事の鉄拳が迫る! 拳銃も手帳も取り上げられた元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、「潜入捜査」シリーズ第2弾。日本の商社が出資した、マレーシアの採掘所の周辺住民が白血病に倒れた。反公害運動封じ込めのため、暴力的な見せしめを住民に行なう日本のヤクザに、佐伯の怒りが爆発する。見せしめを続ける者たちの正体は、佐伯の宿敵・泊屋組の若衆頭。佐...
  • 処断 潜入捜査
    528円(税込)
    法の網をかいくぐり密猟を行うヤクザを叩け! 元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第3弾。岐阜山中で野鳥密漁がなされ、背後にいるのは、佐伯の宿敵・坂東連合傘下の艮(うしとら)組であった。組長の鬼門は、暴対法逃れのため代紋を外してはいたが、実態は経済ヤクザに過ぎない。姑息な艮組の凶暴な三人組に対し、さらに研ぎすまされた佐伯の古代拳法が唸る――。
  • 罪責 潜入捜査
    528円(税込)
    平凡な一家を蹂躙するヤクザに、佐伯の怒りが爆発する! 元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第4弾。小学校に不法投棄された使い捨て注射器で、子供がB型肝炎に感染した。廃棄物回収業者の責任を追及する教師の家族にヤクザの暴力が襲いかかる。教師は命を奪われ、長男は自動車事故、高校生の長女は監禁、強姦――激しい怒りに駆られた佐伯は、古代拳法を武器にヤクザに闘いを...
  • 臨界 潜入捜査
    528円(税込)
    元マル暴刑事・佐伯涼が環境犯罪に立ち向かう、『潜入捜査』シリーズ第5弾。三重県の原子力発電所で事故が発生し、外国人不法就労者が死亡。だが所管省庁や電力会社も、労働力を不法供給する暴力団を使って隠蔽工作に走る。佐伯が迎えうつのは、今までにない最大の敵、国家と原発だった。さらに彼の前に、中国拳法を自在に操る無敵のヤクザが立ちはだかった。
  • 終極 潜入捜査
    528円(税込)
    企業要人テロをもくろむ暴力団の裏ネットワークを断て! 廃棄物の不法投棄で摘発された解体業者・保津間興産は、毛利谷一家の企業舎弟。一方、融資で毛利谷一家と揉めていた銀行の支店長が射殺された。背後には、暴力団によるテロ・ネットワークの存在があり、その中心が保津間興産だったのだ。しかも保津間興産へ潜入捜査をする元マル暴刑事・佐伯涼の身元が割れ、報復の罠が仕掛けられる……。緊迫の「潜入...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「潜入捜査」に関連する特集・キャンペーン