朧月夜の訪問者

朧月夜の訪問者

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
紙の本 [参考] 615円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は平安――。京のはずれの邸に暮らす、靖子と咲子。最近、咲子には気がかりなことがあった。靖子が、気味の悪い男につけ狙われているのだ……(表題作)。都でも屈指の美姫といわれる奏子。密かに、血の繋がらない兄に恋をしていたが、ある日、一冊の日記を見つけてしまい…?(瑠璃と桜の人魚姫)――四季折々の京が舞台の、戦慄のホラー短編集。全4編収録。この世で一番怖いのは、だあれ?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年09月19日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月10日

時は平安。京のはずれの邸に暮らす、靖子と咲子。
最近咲子には気がかりなことがあった。靖子が気味の悪い男に付け狙われているのだ…。表題作『朧月夜の訪問者』の他、四季折々の京が舞台の、戦慄のホラー短編集、全四編。
この世で一番怖いのは、だあれ?

平安ホラー物ということで、手に取った作品。読み終わってか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年07月19日

んー…、
確かに怖いのは人間だと思うけど…
この本からは、あんまし、
それはわからなかったかも!!

秋のお話は、単純に
きれいで、すき!!
ちょっと、ヤンデレチックなのもいいと思う!!笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月10日

長尾彩子が雑誌"Cobalt"に発表した連作短編をまとめたもの。読み終わってから初出一覧を見て、コバルト文庫だと知りました。この文庫レーベルって、こういう作品もありだったのかと驚きました。平安時代の京都を舞台にしたホラーというよりもグロテスクなお伽話が4編収録されています。個人的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play