なぜ、その人に惹かれてしまうのか? ヒトとしての恋愛学入門

なぜ、その人に惹かれてしまうのか? ヒトとしての恋愛学入門

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ヒトが「恋愛」をすることは、ロマンティックな理由からではありません!
他の動植物と同じ有性生殖として、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を駆使し、優秀な遺伝子を持つ異性を選ぶ行為なのです。
本書では進化政治学の立場から、恋愛と五感の関係性を実証した研究データをもとに、「なぜその人を好きになってしまうのか」「モテるのか」といった恋愛メカニズムを、わかりやすく解き明かします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
248ページ
電子版発売日
2014年08月14日
紙の本の発売
2007年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

なぜ、その人に惹かれてしまうのか? ヒトとしての恋愛学入門 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月30日

    シンメトリー・・・まぁ確かになぁ・・・
    ただいえるのは
    行動あるのみと、言うことでしょうか
    神秘に迫る入門書

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    早稲田大学の人気授業、「恋愛学」の教科書にもなっている。著者は政治学が専門。

    男女が惹かれあう法則を、五感からみている。
    見かけは五感のうちの1つにすぎない。

    視覚→男性にとって、女性の体重より、●●のラインを重視する。
    嗅覚→香水よりも実はきゅんとするにおいとは…
    聴覚→女性にとって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月21日

    ヒトとしての恋愛学入門。
    科学的論拠に基づいた恋愛論で、進化生物学、遺伝学、進化心理学etc.により、面白く恋愛が科学されています。
    まるまる文系脳の私でも、わかりやすく、面白く読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月04日

    好条件ということだけで考えると
    自分は その枠から完全にはずれている。。

    しかし そこは人それぞれ
    自分に好意を持ってくれる人に出会うための
    確率をあげようと 思いました。
    ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~ヽ~
    217 なぜ その人に惹かれてしまうのか 森川友義 2007
    05...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月14日

    ディスカヴァー・トゥエンティワンつながりで読んだ本。
    も、もちろん、すごいタイトルだと突っ込んでましたよ。
    これを読んでいると、恋愛がちょっと怖いんだけれど。
    って思えました。
    根拠も提示して書かれていたので、わかりやすかったです。
    ただ、これを全て鵜呑みするのはなんとなーく嫌だと思いつつ…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月06日

    早稲田大学で恋愛学を教えている教授の著書。
    男女別に人を好きになる原理や仕組みを解説。

    シンメトリーが好まれる、男性は経済力があるほうが持てる、五感別に男女が異性に惹かれるポイントを解説。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月25日

    五感をフル活用する。
    優良遺伝子は最強。
    触れる、キスは長生きにつながる。
    大体、似た者同士。
    恋は難しい。
    出会い、行動にうつすに尽きる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月02日

    なんか胡散臭い森川教授の本。内容はそれなりに良い。
    精子には卵子と結合する精子以外に、他の精子の侵入を防ぐブロッカー精子や他の精子を殺すキラー精子が存在する。これらの精子の存在は、女性が浮気をしてきた(しかも精子の寿命は長くて5日なので、5日以内に2人以上の男と浮気していた計算)ことを示しており、浮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    さてさて、変わった本を読みました。
    人間系の本ですねぇ。
    生物学的に人の恋愛を分析している本です。
    五感ごとに分析をしていて、面白いなと思いました。
    でも、ちょっと人の前で読むのは恥ずかしいかもしれないです。

    人が情緒的に感じている事を生物学的な理由に落として
    身も蓋もなく書いてあるような印象を受...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「モテる」とはどういうことなのか。それを科学的に検証していくというもの。
    恋愛とセックスの関係性。そして、五感による異性の見方。ヒトという生き物からみたらすごく面白い。

    ただ、あくまで恋愛を科学したものという位置づけで読むことが大事だと思う。

    出だしだけ読んだら恋愛とはニアリーイコールセッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています